CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«3/12開催!シンポジウム「ワーク・ライフ・バランスのすすめ」仕事と家事・育児どちらも頑張りたいパパを応援! | Main | 初心者も歓迎!<海の見える命の森ボランティア募集>@2拍3日の震災伝承プログラムA井戸・炊事場づくり»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2022年03月03日(Thu) 音楽で引き出される「生きる力」公益財団法人音楽の力による復興センター・東北〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの大泉です。
サポセンのニューズレターぱれっと3月号の「市民活動突撃レポート!」では公益財団法人音楽の力による復興センター・東北をご紹介しています。お話を伺ったのは、コーディネーターの千田祥子さん、伊藤み弥さんです。

a.jpg
▲左からコーディネーターの伊藤み弥さん、千田祥子さん

公益財団法人音楽の力による復興センター・東北(以下、復興センター)とは?
2011年3月26日から、東日本大震災の被災者のもとに音楽を届ける活動を続けています。被災地での小さな音楽会「復興コンサート」やプロの歌手と参加者が一緒に歌う交流の場「歌声サロン」など、様々なプログラムを実施しています。
復興コンサートでは、仙台フィルハーモニー管弦楽団員をはじめとする、のべ100人以上のプロの演奏家たちが演奏しています。これまでに岩手・福島・宮城で開催したコンサートは、まもなく1000回を迎えようとしています。


2021年12月21日、取材のため、仙台市宮城野区の復興公営住宅で行われた「クリスマスコンサート」にお邪魔しました。普段、ここで歌声サロンを行っているプロのオペラ歌手とピアニストが、今日はクリスマス向けの特別なプログラムを用意しました。

b.jpg
▲この日のために飾りつけた、住民手づくりの刺繍作品がコンサート会場を彩ります。

集会所には住民18人が集まり、演奏を楽しみました。約1時間のコンサートでは、『赤鼻のトナカイ』や讃美歌など、耳なじみのあるクリスマスソングが、披露されました。

c.jpg
▲感染対策のビニール越し。それでも奏でる音と歌声には迫力があります。
 ソプラノ:大河原真歩さん(仙台オペラ協会)、ピアノ:稲垣達也さん

d.jpg
▲観客も木琴の演奏に挑戦!

コンサートでは、音楽を聴くだけではなく、観客も参加します!手拍子をしたり、『もろびとこぞりて』では木琴を叩いたりして、一緒に演奏会を作り上げます。
「コロナ対策で、歌うのは控えめなんですけど、それでも一緒にできるよう考えました」とコーディネーターの千田さん。
コンサート後、住民は演奏家と一緒に写真を撮ったり、近況報告し合ったりしていました。コンサートが、そこにいる全員にとって、特別な一日になっているのだと感じました。


ぱれっと3月号もぜひご覧ください。
ダウンロードはこちらから⇒★★★

るんるん公益財団法人音楽の力による復興センター・東北るんるん
住所 〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-3-9
TEL 022-797-0233
FAX 022-797-1858
Mail on-chika★live.jp(★を@に変えて)