CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«12/11(土)開催!「たがさぽのクリスマス雑貨市」今年も買い物を楽しみながら社会貢献活動を応援しよう! | Main | ぱれっと12月号を発行しました!»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年11月30日(Tue) 12/4開催!大崎地域の世界農業遺産を活用したアクションプランを学ぶ<ローカルSDGs人材育成地方セミナー>


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
特定非営利活動法人持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)より、環境省主催事業として12月から2月にかけて計9回行われる、全国セミナーの宮城県開催のお知らせです。

「みんなで地域の未来を創る!SDGsアクション」と題するこの全国セミナーでは、全国各地で持続可能な地域づくりに取り組む方々をゲストに招き、実践事例やコミュニティの可能性ついて紹介します。対面とオンラインのハイブリッド形式で行われるため、全国各地の様々な取り組みを知ることができる機会です。なんと第1回目は、宮城県大崎市からスタートします。単発の参加も可能ですので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?

以下、概要です。

20211129141548_00001.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大崎地域SDGs未来セミナー
「次世代の眼から見る大崎耕土SDGsアクション」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大崎地域では、SDGsの目標を、世界農業遺産を活用したアクションプランによって達成しようとしています。このセミナーでは、世界農業遺産から地域の持続性を考えます。
関係案内人の高橋 直樹さんからは、アクションプランの内容紹介していただき、講師の郷古 雅春さんからは世界農業遺産の仕組み、同地域の田んぼのグリーンインフラとしての役割やアクションプランの評価などをお話しいただきます。
早坂 正年さんには、次世代の実践者の立場から、経済と持続可能性の面からどのように世界農業遺産を維持、発展させていったら良いか、そのために地域の資源をどのように活かすか等をお話しいただきます。
会場、並びにオンラインでの参加者の皆様からは、発表内容、アクションプランについての疑問や意見をお聞きし、質疑応答をいたします。

◆日時:12月4日(土) 13:00〜15:00
◆開催場所:凛菜・上の家(宮城県大崎市岩出山)及び オンライン〔Zoomウェビナー〕
◆定員 会場は10名程度(定員に達し次第、締め切ります)会場は締め切りました!

◆講師@ 郷古 雅春さん (宮城大学 事業構想学群 事業構想学研究科教授)
◆講師A 早坂 正年さん (ブルーファーム株式会社 代表取締役)
◆関係案内人 高橋 直樹さん(大崎地域世界農業遺産推進協議会 事務局長、大崎市世界農業遺産推進課長)
◆司会 小金澤 孝昭さん(アクションプラン推進委員会委員長、ESD-J理事)

プログラム
1. 開会の挨拶、趣旨説明
2.アクションプランの報告:高橋 直樹さん
3.アクションプランへのコメント 世界農業遺産の価値と地域づくり:郷古 雅春さん
4.地域づくりの実践者の視点からのアクションプランへのコメント:早坂 正年さん
5. セミナー参加者+リモート参加者からの 質疑応答
6. 閉会の挨拶

位置情報お申し込みはこちら(開催前日の13時締め切り)

■主催:環境省
■協力:大崎地域世界農業遺産推進協議会、ESD/ユネスコスクール・東北コンソーシアム

<お問い合わせ>
特定非営利活動法人持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)
TEL:03-5834-2061(月・木 10:00〜18:00)
E-mail:jimukyoku★esd-j.org(★を@に変えて)