CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2年ぶりに開催された仙台七夕まつりの様子をレポート!〜安心してみんなで見れる日が来ることを願って〜 | Main | 8/21開催!聴覚障がい者の方のための「パソコン要約筆記」の講座に参加してみませんか?»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年08月08日(Sun) 〈第3回まいぷろ〉楽しく学ぶ取材のコツと情報発信!友達にぴったりなニュース風「見出し」を考える!?


こんにちは。スタッフの大泉です。
宮城野区中央市民センター若者社会参画型学習推進事業「まいぷろ」では、大学生や高校生の若者がまいぷろメンバーとなり、地域の活動やまちづくりに主体的に関わる機会を創っています。今年も、まいぷろメンバーたちが、宮城野区の魅力を取材し、Web記事などにまとめて情報発信します。サポセンも、昨年に引き続き、事業企画や講師コーディネートなどでお手伝いいたします。

ひらめき第3回目となるまいぷろの活動が、8月4日、宮城野区中央市民センターで行われ、まいぷろメンバーのうち10名が参加しました。

今回は、今後8〜10月に予定している取材に向け、
ペン 取材と情報発信の基本を学びました。
講師は、東北の今を東北の住民の手で伝えるローカルニュースサイトTOHOKU360代表・編集長である安藤歩美さんです。安藤さんは、新聞・ウェブニュース・ラジオ・テレビなど様々なメディアに携わった経験を持つ、取材・情報発信のプロです。これまでの経験を話したり、実際の記事を見せたりしながら、取材の基本を教えていただきました。

DSC06583.jpg
▲TOHOKU360 代表・編集長 安藤歩美さん

目安藤さんは、取材を「わからないことをクリアにしていく行為」だと話します。普段の友達同士の会話ではあいまいになってしまうことも、恥ずかしがらずに聞くことが取材のコツなのだそうです。
さらに取材を終え、記事を書く時に重要なのが「見出し」です。記事のテーマを一行で端的に表現し、なにがあったのかすぐにわかるよう考えます。人も物も様々な面があるので、どこを切り取って記事にするのか、を考えることが大切だそうです。

その後、取材のコツをもとに、隣の人と5分間で取材し合い、お互いその人にピッタリなニュース風「見出し」を考えました。取材する側は、隣の人はどんなものが好きな人なのか、質問して掘り下げていきます。受ける側は、アーティスト、スポーツ選手、本、K-POPなど、それぞれ自分の好きなことを楽しそうに話していました。出来上がったアイデアあふれる見出しの数々に、「自分が面白い!と思ったポイントが入っているから、続きが気になるような見出しになっているね。」と安藤さん。今回お話やワークから学んだことが、今後の取材現場できっと役立つはずですぴかぴか(新しい)

DSC06599.jpg
▲いざ、隣の人に取材スタート!

DSC06602.jpg
▲取材のメモを取るまいぷろメンバー

手(グー)次回からはいよいよ、まいぷろメンバーが宮城野区のまちへ飛びだして、それぞれのテーマに合わせ取材をします。活動は、引き続きサポセンブログでお伝えしますのでぜひご覧ください。

位置情報前回の活動はこちらから →→→ ☆☆☆