CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2021/1/23(土)〜1/26(火)開催<Social Impact Day2020>社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ | Main | 依存症という身近な病気への理解を<このたび、カタチになりまして>ぱれっと»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年01月07日(Thu) ゲームがスポーツ?(一社)仙台eスポーツ協会共同代表理事の谷将宏さんにお話を伺いました〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
サポセン機関紙「ぱれっと」の「市民活動 突撃インタビュー」というコーナーでは、宮城県内の様々なNPOや市民活動団体の方にお話を伺い、活動についてご紹介しています。
1月号の「市民活動 突撃インタビュー」では、一般社団法人仙台eスポーツ協会の共同代表理事である谷将宏さんにお話をお伺いしました。

TV一般社団法人仙台eスポーツ協会は、宮城県及び仙台市でのeスポーツ定着と普及を進めるために、様々な大会や体験会を開催している団体です。

ぴかぴか(新しい)2020年11月4日に取材させていただいた際にお聞きしたお話の中から「ぱれっと」紙面ではお伝えしきれなかった貴重なこぼれ話をご紹介します。

IMG_6495 - コピー.jpg
▲一般社団法人仙台eスポーツ協会 共同代表理事の谷 将宏さん

■そもそも「eスポーツ」とはどんなもの?
「eスポーツ」とは、エレクトロニック・スポーツの略で、ビデオゲームを使った競技をスポーツとして捉える際の名称です。使用されるゲームは、パズル、格闘、サッカー、野球、シューティングなど様々な種類があります。個人で記録を目指すeスポーツの大会もあれば、団体で協力しながら勝ち負けを競う大会もあります。
谷さん曰く、「eスポーツは、家の庭や近所の露地で指す縁台将棋みたいなもの。楽しむだけの人もいれば、プロに進む人もいる」といいます。

■体を動かさない「eスポーツ」を、「スポーツ」と呼べる?
「"スポーツ”という言葉は、体を動かすことだけを意味する言葉ではない」と、谷さんはいいます。「ヘリクツかもしれませんが、”スポーツ”という言葉の語源は、ラテン語の“楽しみ、気晴らし“という意味を表すdeportare(デポルターレ)に由来します。ゲームってもともと楽しいものですから、そういった意味であればピッタリだと思う。『e体育』だったらアウトだけどね」と、笑いながら教えてくださいました。

ひらめき実は谷さん自身、最近までeスポーツのことをよく知らず、「娯楽であるゲームをスポーツと呼べるんだろうか?」という思いがあったそうです。谷さんがはじめてeスポーツを実際に見たのは、2019年5月にeスポーツ専門学科がある専門学校を訪れた時でした。その時印象に残ったのは、eスポーツ取り組む生徒たちの「真剣さ」。「チームメイトと熱く声を掛け合い、協力してゲームを進める様子は、野球やサッカーなどに青春をかける人となんら変わりがない」と思ったそうです。また、eスポーツの大会では、ただゲームをするのではなく、ゲームのプレイヤー、観客、解説者が、三位一体となって場を盛り上げます。そのことからも、「他のスポーツ大会と同じように、プレイヤーがプレイするだけではない面白さや可能性がeスポーツにはあります」といいます。

演劇「今後も、仙台でもっとeスポーツの認知度を上げたい」と話す谷さん。
・なぜ仙台でeスポーツを普及させたいのか?
・模索を続けるeスポーツの強み、可能性とは?
・eスポーツを活かして目指したいものとは?

位置情報もっと知りたい方は、「ぱれっと1月号」をぜひご覧ください! >>> こちらからダウンロード