CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«学校以外の多様な学びの場を<「みやぎ子どもの居場所マップ」を活用しよう>みやネット | Main | サポセンに恐竜ティラノサウルス出現?! <ReRootsわらアート展示中>»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年12月08日(Tue) すべてを失っても再びつくりだす力がある<希望へつなぐアート>東日本大震災復興応援プロジェクトARTS for HOPEの10年


こんにちは。スタッフの小林です。
現在、サポセンのマチノワギャラリーで「日本ファンドレイジング協会東北チャプター」が展示を通じてご紹介しているARTS for HOPEより、「東日本大震災復興応援プロジェクトARTS for HOPEの10年を振り返る展覧会」のお知らせをいただきました。
どちらもぜひ、この機会にご覧ください!
以下、概要です。


東日本大震災復興応援プロジェクトARTS for HOPEの10年
希望へつなぐアート
「アートで何ができるか?ではなくアートで何をするか?である」


20201208122506_00001.jpg 20201208122515_00001.jpg

2011年3月東日本大震災が発生しました。
壊滅的なダメージに突然見舞われた人々には心のケアが急務と、緊急支援チームARTS for HOPEを率いて被災地へ向かう日々が始まりました。裁縫道具や画材、喫茶道具に音楽と支援物資を積んで避難所や学校、仮設住宅から復興住宅へと通い続けた日々。つくりながら自分を取り戻し、つながり、泣いて笑って立ち上がっていく。その営みをささやかながら陰で支える活動を重ねてきました。
時の経過と共に、支援から応援へとシフトチェンジし、求められる活動内容へと変化しながら、10年の応援を指針に重ねてきた日々も1300日に届こうとしています。一瞬ですべてを失う喪失感をもつ子どもには、すべてを失っても再びつくりだす力があること、希望があることを、アートの創造を通して伝え続けていきたいと思います。
アートで思いつくかぎりのことに挑んだ10年間の記録を、ぜひご覧ください。
(ARTS for HOPE代表・ホスピタルアーティスト/高橋雅子)

●入場無料
●展示内容
・東北各地で生まれた作品
(子どもたちの絵画作品、願いを込めたオブジェ“ハッピードール” “ハッピーフラワー”)
・プロジェクト紹介、活動写真、スライドショー など

大船渡展
大船渡市民文化会館 リアスホール
2021年116日(土)〜117日(日)10:00〜18:00

南相馬展
南相馬市民文化会館 ゆめはっと
2021年25日(金)〜27日(日)9:00〜17:00

仙台展
宮城県美術館(県民ギャラリー)
2021年216日(火)〜221日(日)9:30〜17:00

ワンダーアートミュージアム
(仙台市若林区荒町172 第一旭ビル 2階)
2021年34日(木)〜321日(日)10:00〜18:00

*会期中、イベントも開催予定!詳細はHPやFacebookでお知らせします。

●主催:ARTS for HOPE
●後援:岩手県 宮城県 福島県
    大船渡市教育委員会 仙台市教育委員会 南相馬市教育委員会
    東海新報社 河北新報社 福島民報社 福島民友新聞社
    公益財団法人仙台市市民文化事業団

●助成:The Okura Tokyo「The Okura Tokyo Cultural Fund」
    (企業メセナ協議会 2021 Arts Fund)
    社会福祉法人中日新聞社会事業団 
    公益財団法人ノエビアグリーン財団
    令和2年度南相馬市子育て応援基金

●お問合せ先: ARTS for HOPE
〒984-0073 仙台市若林区荒町172 第一旭ビル2階
TEL:022-724-7255 FAX:022-724-7285
E-mail:artsforhope★gmail.com(★を@に変えて)