CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«11/15まで開催【磊々峡もみじのこみちライトアップ】夜の紅葉を見に行きませんか? | Main | 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した市民活動団体へ仙台市NPO法人等活動支援金を交付します»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年10月27日(Tue) 11/1申し込み締め切り<オンライン版 あれから9年スペシャル>仙台市職員からみた震災記録Team Sendai


スタッフの松村です。
先日、仙台市職員有志による自主勉強会「Team Sendai」がオンライン会議のためにサポセンの研修室を利用されました。
メンバーの鈴木由美さんが「松村さん、ご無沙汰してます〜!」と元気にお声がけくださってとても嬉しかったです。準備中の11月に開催するオンラインイベントについて教えてくださいました。
2012年から重ねてこられた、仙台市職員の震災体験伝承活動、防災活動、調査などの成果について、知り、体験もできるようです。

以下概要です。


602852_photo1.jpg
(団体より)

オンライン版 あれから9年スペシャル
〜仙台市職員の震災体験を100年後の人たちへ〜


仙台市職員の自主的研究グループ「Team Sendai」は、東日本大震災発生の翌年から災害対応業務に従事した職員への聞き取りや伝承活動に取り組んできました。2018年度にはこの聞き取り調査(災害エスノグラフィー調査)が、常葉大大学院、東北大、仙台市の4者による共同研究に発展しています。

本イベントでは、これらの成果を「朗読」「映像」の手法を用いてオンラインでお伝えします。 また、新たな防災の概念「フェーズフリー」を学べる企画や、震災体験を100年後の人たちへ伝えるためにはどうすればよいか参加者同士でオンライントークする企画もあります。

当初、今年の3月に開催が予定されていた本イベントは、新型コロナウイルス感染症の影響で延期を余儀なくされました。このような新たな災害の中、どうすれば仙台市職員の震災体験を後世に伝えていけるのか考えた末に、オンラインで開催することとなりました。
あれスペの新たな挑戦を、ぜひ体験してください。

=====================================

日時:2020年117日(土) 14:00〜16:00
開催方法:ZOOMによるオンライン開催(詳しい参加方法は申込み完了後にご連絡します)
対象者:自治体職員、防災活動者、防災に興味がある方はどなたでも
定員:35名
参加料:無料

概要
@朗読と映像等で伝える仙台市職員の震災体験
A フェーズフリー トーク
(一社)フェーズフリー協会代表理事 佐藤唯行氏
B震災体験を100年後に伝えるためのオンライントーク

留意事項
@内容は予告なしに変更となる場合があります。
A当日の様子はZOOMの録画機能で記録し広報等で活用します。 また、出会いの場・交流の場として活用いただけるよう、参加者名簿を送付します。 支障がある方は申込時にお知らせください。

申込み期限  2020年11月1日(日)

主催 あれスペ実行委員会(Team Sendai 仙台市職員からみた震災記録チーム+仙台市民有志)
共催 わしん倶楽部
後援 (特非)防災士会みやぎ
協力  仙台市・(一社)フェーズフリー協議会

==========

るんるんプレイベント オンラインクロスロードるんるん
阪神・淡路大震災×東日本大震災×新型コロナウイルス
これらをテーマにしたクロスロードを行います。
ファシリテーターは、神戸クロスロード研究会の濱尚美さんと西修さん。

日時 117日(土)10:00〜11:30

申込 こくちーず→https://kokucheese.com/event/index/602852/
※あれすぺ9と同じリンク先から申し込みください。
 なお、クロスロードのみ申し込まれる場合は、メッセージ欄に
 「クロスロードのみ申し込み」とご記入ください。
※これ以外の開催方法や対象者等については、あれすぺ9と同じです。