CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新しい買い物の仕方を提案!「量り売りマルシェ」で食品ロス削減を考える〜ぱれっと取材日誌〜 | Main | <⽇本語を⺟語としない子どもと親御さんへ>多言語で高校入試の進路相談ができる!「進路相談 宮城(多言語)」»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年10月01日(Thu) ぱれっと10月号を発行しました!


こんにちは、スタッフの水原です。
ぱれっと10月号を発行しました。

ぱれっと10写真.jpg

10月号オモテ面では、久しぶりに「ワクワクビト」のコーナーが復活しました!

●ワクワクビト
Fridays For Future Sendai(FFFSendai)
代表 時任晴央さん


気候変動を食い止めようと、気候危機の深刻さを発信しているNGOがあります。Fridays For Future(未来のための金曜日)と名付けられた活動は、世界各地、日本各地でも広がりをみせています。Fridays For Future Sendaiの代表を務める時任さんには、守りたい未来の姿、叶えたい一つの夢があります。その夢とは、行動をつづけるその思いとは。

取材を担当したのは、サポセンスタッフの松村翔子です。
取材の様子はこちらから→気候変動問題に立ち向かう若者たち<Fridays For Future Sendai>ぱれっと取材日誌

●コトハジメ
必要なものを、必要な分だけ購入する習慣を身につけよう!

「食品ロスをなくす」をテーマに、青葉区通町で毎月開催している「量り売りマルシェ」では、エコバックや量った食品を持ち帰るための容器を持参しての買い物を提案しています。でも、まず身につけるべきことは「自分が食べきれる量を把握すること」。10月は「食品ロス削減月間」です。新しい買い物の仕方を紹介。

取材を担当したのは、サポセンスタッフの水原のぞみです。
取材の様子はこちらから→新しい買い物の仕方を提案!「量り売りマルシェ」で食品ロス削減を考える〜ぱれっと取材日誌

●お役立ち本
社会的処方 孤立という病を地域のつながりで治す方法
「人と人のつながり」と「医療」を連携させる治療法と事例を紹介しています。
位置情報サポセン貸し出し図書一覧はこちらから→☆☆☆

●コトハジメ
手作りアクセサリーを買って、海を大切にする活動に「ハート(トランプ)いいね!」しませんか?

荒浜里海ロッジ けのひ」は、2020年7月に環境系学生団体「海辺のたからもの」がオープンさせたお店です。海辺の海洋ごみを、アクセサリーに生まれ変わらせるワークショップをしたり、販売したりしています。お買い物で環境に関わる活動を紹介。

位置情報ダウンロードはコチラから→☆☆☆

取材にご協力いただいたみなさま、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ひらめき「ぱれっと」のご意見、ご感想おまちしております!
皆さまにより良い情報をお届けしていくため、「ぱれっと読者アンケート」を実施しております。→アンケートフォーム