CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«5/28、5/30、6月以降も毎週「福の市」開催!お買い物で福祉事業所を応援しよう! | Main | 6/20〜<まちの魅力を発信!動画制作講座>受講者募集中!»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年05月28日(Thu) 6/6開催「なぜ今、商店街に動画が必要なのか」参加者募集


こんにちは、スタッフの松村です。
コロナ禍で、地域課題解決や魅力向上を目的とした市民活動の多くも休止しています。
一方で、これまでとは違った手法で活動を継続している団体もあります。
様々な場面で「変化」を求められるこのとき、動画による情報発信について考えるトークイベントが開催されます。

主催者で、今回のイベントのコーディネーター岩村さんから、
「YouTubeなどの配信サービスの普及により”動画での情報発信がこれからの時代に必要だ!”なんて話をよく聞くようになりました。それはなぜなのか?ということを、時代背景も踏まえつつ、トークセッション形式で考えていく予定です。無料で配信しますので、お気軽にご視聴ください!」
と、メッセージいただきました。

以下、イベント詳細です。

無料-----ミニ講演----------------------------------------------
なぜ今、商店街に動画が必要なのか?
-----------------------------------------------------------------


インターネットの世界では、国内6000万人以上の利用者を抱えるYouTubeを筆頭にFacebookライブ、tiktokなど続々と新しい動画メディアが誕生し、動画の視聴者数が急増しています。動画が街の情報発信にどう役立つか、どんな内容や制作体制だと無理なく続けられるのか―。
商店街や個店での動画活用の秘訣について、ゲストとのトークセッション方式で考えます。

イベント詳細
・日時:6月6日(土)20時〜22時
・イベントURL:イベント3日前に公開予定
・参加費:無料(Live配信後も視聴可能です)
・荒町エリア発信隊のYouTubeチャンネルにてLive配信します。
 事前にチャンネル登録をお願いいたします。
http://www.youtube.com/channel/UCwLHZ6QB8SeF4ug4AzAqGqA?sub_confirmation=1

maxresdefault_live.jpg

タイムスケジュール(予定)
19:50 接続開始
20:00 イベントの概要説明、諸注意、自己紹介など(15分)
20:15 トークセッション@ 岩村&漆田+途中から商店街の方々参加(50分)
21:05 トークセッションA 岩村&漆田+鈴木若子、lil357(40分)
21:45 質疑応答(15分)
22:00 動画制作講座の告知をして終了

トークテーマ(予定)

トークセッション@
1.昨今のTV・YouTube事情(若者のライフスタイルも踏まえて)、
2.全国の商店街でのYouTube事例紹介、これが仙台、荒町の商店街で実現可能か?
3.継続の力、学生たちを巻き込むコツなど漆田さんの工夫を探る
4,荒町商店街の方々からのリアルな声「俺らはこう思っているけどどうなの?」

トークセッションA
1.鈴木若子「どんな形で商店街に関わり始めたのか」
2.lil357「映像と記事(文章と写真や画像)の違い」

まとめ
「なぜ今、商店街に動画が必要なのか?」
※内容は変更になる可能性があります。


◆登壇者〜〜〜〜〜
・漆田 義孝(NPO法人メディアージ)

・渡邊拓弥、鈴木あき(lil357)
アワード:KHB東日本放送主催『みやぎふるさとCM大賞』2019年大賞受賞 

・鈴木若子(REZAIN)
プロデュース事例:KIKUCHIYA スイカパン、「イーレ!はせくら王国」のホームページ制作

・コーディネーター:岩村和哉(動画クリエイター)
過去の取引実績:河北新報社、モンテディオ山形、MAKOTOキャピタル、Tohoku360など

晴れ詳しくは、こちらをご覧ください⇒☆☆☆☆☆

◆仙台の荒町ってどんな町?〜〜〜 〜〜
若林区にある荒町商店街は御譜代町として発展し、歴史あるお店が今も残る下町の情緒漂う商店街。七夕祭りや毘沙門天王祭、ハロウィンイベントなどのイベントにも力を入れている。
東北学院大学五橋キャンパスが2023年(予定)、市立病院跡地に開設されることとなり、平成30年度には荒町商店街振興組合と東北学院大学との連携事業「荒町100年プロジェクト」がスタート。
ハーバリウムイルミネーションやドキュメンタリー映画の制作が企画された。
*参考動画
・荒町百年物語
https://youtu.be/55tb6hi-RoY

※本イベントは令和2年度若林区まちづくり活動助成事業の一環です
◆主催:荒町エリア発信隊
◆協力:荒町商店街振興組合、メディアージ

-------

ひらめきサポブログ@仙台でご紹介した荒町エリア発信隊や、
荒町商店街振興組合に関する記事はこちら↓

「荒町さんぽ」で知る商店街の魅力<このび、カタチになりまして

あらまち100年プロジェクト「荒町百年物語」で連携した、
荒町商店街振興組合×東北学院大学の皆さんにお話を伺いました
〜ぱれっと取材日誌〜


ひらめきぱれっと6月号(2019)
荒町商店街振興組合×東北学院大学