CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«自分ができる範囲で応援<路上生活を余儀なくされている人たちへの支援>NPO法人萌友 | Main | <緊急支援型>新型コロナウイルス感染症の対応及び拡大防止に取り組む個人・団体向け 〜新型コロナウイルス感染症拡大防止活動基金〜»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年04月25日(Sat) 4/30まで<あなたの声、届けます。宮城県内の学生に支援を>アンケート調査にご協力ください


こんにちは。スタッフの松村です。
4月22日、東京の学生団体「高等教育無償化プロジェクトFREE」が、新型コロナ感染拡大に関する学生の状況についての調査結果を発表しました。
それによると、大学生らの約6割がアルバイト収入が減ったり、なくなったりしたことが分かりました。

参考:大学生らの授業料免除を 学生団体が緊急提言 新型コロナ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200422/k10012400831000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

宮城県でも、東北大学が学生の事情に応じて給付型の奨学一時金などを支給する他、様々な緊急支援が行われ始めています。

そんな中、宮城県の学生団体で、まちづくりにおける意思決定に若者の意見を届けようと
政策提言活動などを行う「せんだい未来会議」の佐藤柊さんらが立ち上がりました。

新たに立ち上げたプロジェクトは、「みやぎ学生緊急アクション」です。
現在、宮城県内の学生生活の実態調査アンケートを実施しています。
佐藤さんは、「最終的には世論の関心を引き出し、政治・行政からの学生への支援につながれば」と考えを話してくれました。
以下、概要です。

---

「みやぎ学生緊急アクション」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による学生生活の困難を打開するために立ち上がった、学生主体のプロジェクトです。
現在の学生生活の実態やニーズを可視化し、政治・行政、世論に働きかけていきます。

600x200.jpg

現在、宮城県内の学生生活の実態調査アンケートを実施しています。
ひらめきアンケートフォーム→☆☆☆

「アルバイト収入が無くなった」
「学費を減免して欲しい」
「内定が取り消しになった」
など皆さんの率直な声を聞かせてください!

実施期間:4月24日〜430

ご協力、お願い致します。

-----