CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新型コロナウイルス感染拡大による休校により、お困りのご家庭へ<NPO法人仙台ふらっとぱーく>よりお知らせ | Main | 自宅で過ごされているシニア世代のみなさまへ<こんな過ごし方がおすすめ!>NPO法人シニアサロン井戸端会議からお知らせ »
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年04月16日(Thu) 「猫が好き」から始まった活動〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
サポセン機関紙「ぱれっと」では、毎月、仙台をワクワクさせる人物“ワクワクビト”をご紹介しています。
6月号のワクワクビトは、
「東北大学生の猫サークルとんねこ」代表の工藤丈治さんです。

取材、執筆を担当するのは私、小田嶋です。
3月27日、小田嶋と松村のスタッフ2名で取材のため東北大学を訪ねました。
コロナウイルス感染拡大防止のため、取材ではマスクを着用をお願いしました。

とんねこ_1.JPG
▲右から、前代表の千田紘之さん、メンバーの町田春樹さん、現代表の工藤丈治さん、

とんねこ_2.JPG
▲猫好きが一目でわかる個性的なシャツを着て取材を受けてくださった工藤さん(左)。
他のメンバーも写真では見えませんが、猫柄の服を着てきてくれました猫

「とんねこ」は仙台市の猫の殺処分ゼロを目標に活動する、東北大学生のボランティアサークルです。
地域に住み着いた野良猫に去勢手術や適切な世話を行う「地域猫活動」を大学内で展開したり、猫の殺処分を無くすための情報発信や、保護猫シェルターのお手伝いを行っています。
これらの活動にあたっては、獣医師や仙台市動物管理センターと連携しています。

取材時点では大学1年生でサークルの副代表だった工藤さん。
そもそも「とんねこ」に入部したきっかけは、何だったのでしょうか?

「大学入学を機に猫を飼っていた実家を離れ、猫がいない生活が寂しくて、
猫カフェ…じゃないですけど、猫と触れ合えて世話が出来ればーと思っていました(笑)」

そう話す工藤さん。
副代表になったのも、高校時代に務めた生徒会長の経験を活かして、新たな経験が積めれば…という気持ちからだったとのこと。

そんな工藤さんの活動にかける思いが変わったきっかけは何だったのでしょうか?
これから活動をはじめようと思っている人へ、工藤さんから伝えたいこととは…。
ぱれっと5月号でご紹介しますのでお楽しみに!



とんねこ_3.JPG
▲キャンパスにで出入りしている猫さん。やさしく話しかける工藤さん。

猫と一緒に撮影をしたかったのですが、木の葉の中で気持ちよさそうにお昼寝中だったので、そっとしておくことにしましたかわいい
安心しきっている猫の様子が印象的でした。

「好き」からはじまった工藤さんの今後の活動に注目です。
活動のために、募金・支援物資も募っています!
ひらめき東北大学生の猫サークルとんねこ

ひらめきぱれっとバックナンバーはこちらから