CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「若者支援」のこれまでとこれから 協同で社会をつくる実践へ〜サポセンブックレビュー〜 | Main | ぱれっと12月号発行しました!»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年11月30日(Sat) 「笑い」を届ける幼稚園教諭ここにあり!「すまいるわんだーらんど」伊藤健一郎さんにお話を伺いました〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの水原です。

サポセン機関紙「ぱれっと」表紙では毎月、仙台をワクワクさせる人物を紹介しています。
ぱれっと12月号では、子どもたちを対象に「すまいるわんだーらんど」というコンビを組んでお笑いパフォーマンスを披露している、伊藤健一郎さんが登場しますぴかぴか(新しい)

伊藤さんは、幼稚園教諭、相方は保育士です。
お笑いが大好きな2人は、子どもたちに「笑い」「驚き」「学び」を体験してもらおうと、「スマイル」「ワンダー」「ラーン」=「すまいるわんだーらんど」として、2019年4月から活動を開始しました。

DSC03527 (800x533).jpg
▲フリップ芸を披露している、けんぞうくん。中の人が、ワクワクビト伊藤さん

保育園や児童館、大型商業施設や町内会など、子どもだけではなく、様々な世代を対象にパフォーマンスを披露しているため、披露するネタもその都度考えているのだそうです。また、東日本大震災で被災した人たちに「笑い」を届けようと、ボランティアグループ「杜の都の笑楽隊」と共に、被災のため集団移転した地区を訪問し、パフォーマンスを届けています。

DSC03524 (800x533).jpg
▲いろんな年代の人たちにネタを披露しています

「いつか、子どもたちを対象に活動するパフォーマーだけを集めて、キッズフェスをやってみたい!」。伊藤さんは、やりたいことを目指して、一歩ずつ歩んでいます。

伊藤さんが、なぜ「すまいるわんだーらんど」を始めたのか、その思いとは?
ぱれっと12月号では、パフォーマンスでは、オレンジ色のゾウのマスクを被っている伊藤さんが素顔で登場しますよexclamation×2
ぱれっと12月号を、お楽しみに♪

足ぱれっとバックナンバーはこちら☆☆☆

位置情報「すまいるわんだーらんど」イベント出演依頼はコチラから↓
HP:https://sxwxlsendai.wixsite.com/japan1
Instagram:https://www.instagram.com/sxwxl_sendai/