CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«12月22日〆切<公益社団法人仙台市市民文化事業団第25回支援・助成・協力事業>募集開始のご案内 | Main | 2019/1/7〆切<経済的困難を抱える子どもの学び支援活動助成>募集開始のご案内»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年12月14日(Fri) もっと仙台の魅力を伝えたい!ベネズエラからやって来た観光案内人にお話を伺いました〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの水原です。
11月11日(日)仙台市市民活動サポートセンターにて、仙台ツーリストインフォメーションデスク(i-SENDAI)で観光案内をしているナバス・グスタボさんに取材をしてきました。
今回、取材執筆を担当したのは、市民ライターの伊藤友里さんですぴかぴか(新しい)

DSC00264 (640x427).jpg
▲ナバスさん(左)から仙台の豆知識を教わる伊藤さん(右)。

ナバスさんは、東北大学修士1年生のベネズエラ人留学生です。母国語のスペイン語と、英語、日本語の3カ国語を駆使して、i-SENDAIの観光案内窓口で観光客の相談に応じています。


DSC00198 (640x450).jpg
▲藤崎本店1階に設置されたi-SENDAIの窓口に立つナバスさん。

「仙台のことなら、パンフレットに載っている情報だけじゃなく、自分の体験も含め面白いことをたくさん教えてあげられる!」と、胸を張るはナバスさん。

2020年3月に東北大学を卒業予定です。
4月には自分がどこにいるか分からないとのこと。
でも、「出来たら仙台に留まりたい。杜の都だけあって木がたくさんあるところが好き。ベネズエラを思い出します。何より平和なところが良い」と、仙台への思いを語ってくれました。

ナバスさんが、なぜ日本にやって来たのか、なぜ観光案内所にいるのか、その答えを伊藤さんが記事にしてくれています。
ぱれっと1月号をお楽しみにexclamation

足ぱれっとバックナンバーはコチラ