CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«SLC企画全日本手話サークルこみっと仙台支部代表船橋龍之介さんにお話をお伺いしました〜ぱれっと取材日誌〜 | Main | 1/19開催<マチノワストーリー>会社に、近所に、あなたのすぐ近くにいる「実践者」の話が聞けるトークイベント!!»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年11月30日(Fri) 交流する楽しさを知って欲しい!「ふりすく仙台」代表 中越一輝さんにお話を伺いました 〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの水原です。
10月14日(日)仙台市市民活動サポートセンターにて、ふりすく仙台の代表 中越一輝さんに取材をしました。今回、取材執筆を担当したのは小野恵子さんですぴかぴか(新しい)

ふりすく仙台(以下、ふりすく)は、毎週木曜19時から21時、仙台市市民活動サポートセンター(場所や時間の変更もあります。HPやFacebookで要確認)で、外国人と日本人がお互いに助け合って、英語と日本語を学び合うレッスンを行っている市民活動団体です。月1回のイベント活動では、芋煮会やハロウィンパーティー、12月にはクリスマスパーティーが催されます。

DSC00003 (640x427).jpg
▲市民ライター小野さん(右)の取材に応えて、「この前は、メンバーと一緒に山寺に行ってきました。せっかくなので日本の文化を紹介したい」と中越さん(左)

現在、代表を務める東北大学大学院1年生の中越一輝さんは、アメリカ留学を前に、英会話力を高めようと、ふりすくに初めて参加しました。子どもの頃にアメリカに住んでいた為、英語で話す機会に恵まれていた中越さん。「社会人と話す経験がそれまで無かったので、留学前にふりすくに参加して良かった」といいます。

レッスンで会話の入り口は、出身地や趣味、好きな食べ物やオススメの観光地など。共通点があった時には一気に会話が盛り上がります。

「英語はツール。交流する楽しさ、知らないものを知る楽しみを感じて欲しい」と、中越さんは活動への意気込みを新たにします。

-----------------------------------------------------------
■ふりすく仙台■
H P http://furisuku2015.wixsite.com/furisukusendai
F B https://www.facebook.com/furisukusendai
Mail furisuku-sendai★hotmail.co.jp(★を@に変えて送信)
-----------------------------------------------------------


今回の取材内容は、ぱれっと12月号団体紹介の記事になります。
ぱれっと12月号をお楽しみにexclamation

足ぱれっとバックナンバーはコチラ