CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«1/19(金)開催 〜せんだい豊齢学園 公開講座〜 <仙台の戦国時代>のお知らせ | Main | 1月28日開催! 〜障害者権利条約を地域のすみずみに〜<きょうされん宮城支部公開セミナー>のお知らせ»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2017年12月21日(Thu) 母と向き合い、自分の内側を語る


【市民ライター講座2017 受講生の取材原稿を公開します】

 北仙台のマンションにある「カウンセリングルーム・けやき館」の一室。心理カウンセラーの佐藤美佐子さん(58)仙台市青葉区=が、「母と自分を語る会」を開いている。母親との関係に悩み、生きづらさを抱えている人たちが集う。男女問わず、年齢は20代から70代まで幅広い。他言しない、アドバイスしない、批判しない。言い放し、聞き放しの会で、安心で安全な場所と時間を提供している。
 
 佐藤さんは、市職員として31年間、窓口で市民の話を聞いてきた。2011年3月に「ベーチェット病」を発症。同月11日、東日本大震災発災が起きた。昼は震災支援、夜は通常業務という激務が重なり、体調が悪化した。「あの頃は、仕事に支障が出るなら辞めるべきだと考えていた。自分を大事にできず、周囲のことばかり優先していた」と振り返る。退職後は、在職中から専門的に学んでいた心理学に打ち込んだ。
 
 心理カウンセラーとして新たに仕事を始めた頃、「母が重たい」と特集するテレビ番組に目が留まった。「子離れできずに依存してくる」「完璧を求めてくる」など母に対する率直な思いが紹介されていた。視聴者からも多くの意見が寄せられていて、関心の高さに驚いた。
 一方で、「これも自分を思ってのことだから」と考えると、罪悪感を抱き葛藤する人も多い。「母親を悪く言うなんて」と周囲から批判されるのを恐れ、口に出せずに抱え込む。「話せる場がないなら私が作ろう」。お互いに同じ悩みがあるから安心して話せることがある。佐藤さんは、自助的グループ立ち上げに、これまでの経験や学びを注いだ。

 参加者の中には、くり返し話しているうちに、母親と自分の密接な対峙から、少しずつ距離を取れるようになる人もいる。佐藤さんは、「まずは、自分を大切にする。母親が苦手とか嫌いとか受け入れがたい嫌悪感も含めて、自分の感覚に正直になれる時間が大事です」と語る。

母と自分を語る会_園田マチコ.jpg
▲参加申し込み不要。毎月第2土曜日午後1時、佐藤さんが笑顔で迎える。

(仙台市青葉区 高山浩美)