CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«<人気ランキングTOP3>広報・団体運営など、活動のお困りごと解決に使える!〜市民活動お役立ち情報〜 | Main | 非常食の冊子、震災想起のきっかけに»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2015年07月28日(Tue) 復興のバトンを繋ぐ日まで


「息の長い支援には日常生活を大きく変えず無理なく続けられる事が大切」

そう話すのは「ままふあ会」代表の荒澤けい子さん(48)。

「ままふあ会」は、2011年12月、乳幼児から中学生を育児中の母親7名で会を発足。主に中学生以下の子をもつ母親目線で被災地への寄付付き商品や復興地区の特産品のカタログと共に被災地の今を紹介する冊子『私にもできる復興支援』を制作し無料配布している。

荒澤さんは夫と8歳の娘の3人で宮城野区に暮らす。2007年の出産を機に「子育ての楽しみ方はもっとあるはず、無いなら自分で作ろう」と子どもと一緒に活動できる育児支援ボランティアを始めた。

 母親達が心の充電ができるイベント等を企画・実行する事で、育児ストレスの悩みに寄り添い4年になろうとしていた2011年、東日本大震災が起こった。

当時、大切な人を亡くした辛さから抜け出せずにいたが「辛いけど、何かしなきゃ」というボランティア仲間の言葉、県外の友人達からの「子どもを置いて被災地には行けない、だけど何かできる事を教えて」という声に背中を押された。

冊子で紹介するのは、被災地で生まれた復興商品だけでなく、スーパーで買える、調味料や食品などメンバーがインターネットや口コミから情報を集め、吟味した商品。「割高でも、どうせ買うなら売上の一部が被災地への寄付になるという商品を選ぶだけで、復興支援になる。家計の中から無理して寄付をするより、継続しやすい。これこそが主婦目線の支援の仕方。」と荒澤さんは力を込める。

冊子には、各家庭の子どもの年齢に合わせた防災・減災を考えられるような付録やコラムがあり、母親たちの不安な気持ちに応える内容も掲載している。

誰でも、遠く離れていても小さな子どもがいても、たくさんのお金が無くても、日常生活を大きく変えずに支援ができる。「この背中を子ども達に見せていくのも親の責任、復興へは長い時間がかかる、今後未来を担う子ども達に復興のバトンを繋ぐ日まで、できる範囲で活動を継続したい」と話す。

冊子は子育て支援施設などで配布中。一部はHPからのダウンロードも可能。

ままふあ会HP→http://www.geocities.jp/mamafuasendai

復興のバトンを繋ぐ日まで_1.jpg
▲「私にもできる復興支援」 第1弾〜第7弾(第7弾は英語版も制作)

復興のバトンを繋ぐ日まで_2.jpg
▲「辛い時もあるけど、やっぱり続けていくしかない。メンバー募集中です!」と話す荒澤さん

(眞野 美加 仙台市宮城野区)