CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«11/15まで!<まちづくりのアイディアをおすそわけ>展示:マチノワWEEK | Main | 東北大学学生ボランティア復興支援活動報告会〜マチノワWEEK報告〜»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年11月13日(Sun) 文部科学省・地(知)の拠点整備事業関連シンポジウム 宮城・熊本・岩手をつなぐ〜マチノワWEEK報告〜


スタッフの嶋村です。

マチノワWEEK4日目の11月16日(日)、「文部科学省・地(知)の拠点整備事業関連シンポジウム「宮城・熊本・岩手をつなぐ」を開催しました。

中越地震、東日本大震災、熊本地震、最近では台風10号による岩手県などでの豪雨被害と、立て続けに災害が起こっています。このプログラムは、そうした災害からの復旧・復興における、地域の力の大切さと、それをより活かすための社会システムについて考える座談会です。

このプログラムは、東北学院大学地域共生推進機構の企画提供、仙台市まちづくり政策局との連携により実施しました。

全体写真.JPG

当日は、防災の取り組みに関心のある、年齢も所属も様々な31名の方が参加しました。

菊池さん.JPG
▲東北学院大学地域共生推進機構の菊地広人さん

司会進行は、東北学院大学地域共生推進機構の菊地広人さん。台風10号による被害を被った岩手県岩泉町についても話題提供頂きました。
2016年8月30日の豪雨被害で、現地がどのような状況にあるのか、復旧活動がどれだけ行われてきたのか、今後どのような課題があるのか、写真を元にご紹介頂きました。

石塚さん.JPG
一般社団法人みやぎ連携復興センターの石塚直樹さん

登壇者の石塚さんからは、東日本大震災後に発足したみやぎ連携復興センターの、これまでの活動についてご紹介頂きました。
その後、ご自身の中越地震発災後の経験も踏まえつつ、プログラムのタイトルにある「つなぐ」ことについて、何を考えなければならないのか、お話頂きました。

小谷さん.JPG
NPO法人遠野まごころネットの小谷雄介さん

熊本地震後、熊本県菊池市で災害支援に取り組んでいるNPO法人遠野まごころネット。その現場で活動している小谷さんから、災害支援のために協働で活躍するネットワークのあり方や、中長期的な地域づくりについてお話いただきました。また、これまでの法人としての活動や、東日本大震災の経験が熊本の災害支援で活かされた事例をご紹介頂きました。

参加者からは、
「各分野の第一人者の方が登壇されていたので、大変興味深かった」
「被災地における各々の事情が伝わってくるような内容だった」
などの声がありました。

災害からの復旧・復興にはどのような体制が必要か、平時からどのような人材を育成すれば良いのか、東日本大震災を経験した私たちだからこそできることは何か、登壇者と参加者がともに考える場になりました。

司会進行の菊池広人さん、登壇者の石塚直樹さん、小谷雄介さん、参加いただいた皆様ありがとうございました。