CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ご来場ありがとうございました!「マチノワWEEK」まちづくりのアイディアに溢れた4日間 | Main | 11月14日開催【仙台市市民協働事業提案制度】平成29年度事業(継続事業)公開プレゼンテーション!»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年11月10日(Thu) 荒浜に、人が集う場所を…。〜ぱれっと取材日誌〜


スタッフの黒川です。
10月23日(日)、澄んだ青空が広がる、若林区の荒浜に取材に出かけました。

サポセンニュースレター「ぱれっと」の表紙では、毎号仙台のまちをワクワクさせる人物をご紹介しています。
12月号でご紹介するのは、海辺の図書館の代表庄子隆弘さんです。

取材・執筆を担当してくれたのは、情報ボランティア@仙台の学生記者、加藤里香さん(宮城学院女子大学)です。

庄子さんは、津波の被害で荒浜の自宅を失いました。
避難や住居の移転、働いている大学の図書館の復旧、日々の生活に追われながらも、「自分が出来ることで、役に立てることはないか」という想いを抱えていました。

図書館員として働いていた庄子さんは、図書館員との情報交換や勉強会を重ねる中で、2014年、「海辺の図書館」構想を描き、活動を始めました。

海辺の図書館と言っても、物置を改装して作られた拠点には、数冊しか本がありません。
音楽祭をしたり、写真の思い出を話したり、デジカメの使い方の講習会をしたり。
一見、図書館のようには見えません。

DSC01148.JPG
▲「たくさんの人に来て欲しい」と話す庄子さん。オリジナルのバス停標識が来る人を出迎えます。

「図書館は、人と人をつなげる場所なんです」と、庄子さん。
「図書館」に込められた、荒浜への思いとは・・・。
ぱれっと12月号もお楽しみに!

カメラ取材の様子は、情報ボランティア@仙台のブログでも発信しています。
位置情報ぱれっとバックナンバーはこちらです。