CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«11月14日開催【仙台市市民協働事業提案制度】平成29年度事業(継続事業)公開プレゼンテーション! | Main | ソーシャルインパクト-社会的成果を生み、持続可能な活動を維持していくための経営戦略とは- 〜マチノワWEEK報告〜»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年11月11日(Fri) 劇場は、可能性がつまったワクワクの空間!舞台スタッフ・ラボ@サポセン〜マチノワWEEK報告〜


サポセンの地下にある「市民活動シアター」。

11/3に「マチノワWEEK」企画「舞台スタッフ・ラボ@サポセン」を開催し、3名の方々が参加しました。

e.jpg

ゲストは舞台スタッフ・ラボのコーディネーター、澤野さんと
せんだい3.11メモリアル交流館館長・せんだい演劇工房10-BOX二代目工房長の八巻さん。

d.jpg
澤野さん(写真右)・八巻さん(写真左)

はじめに、お二人と仙台の演劇事情、舞台スタッフ・ラボについて、そしてサポセンのシアターについてトーク。
「こんなところがあるって知らなかった」
という参加者のみなさん。
サポセンが現在地に移転してきたのが2006年なので、シアターは今年で10年目です。

「ところでみなさん、「舞監(ブカン)」って、知ってますか?」
演劇ではメジャーな「舞台監督(舞監)」。
各セクションをまとめる重要な役割です。

演劇やコンサート以外でも、イベントでホールなどの会場を借りることってありますよね。
普段の仲間以外にも、会場側の管理スタッフ、技術系の業者さん、当日お手伝いのアルバイトやボランティアなどと関わることもあると思います。

「イベントの時、役割分担しているのに調整がうまくいかず結局バタバタしてしまう」
「どういうダンドリで進めていけばいいか分からない」
こんな悩みをお持ちの方は、「舞監」というポジションをつくることで解決できるかもしれませんよ。

澤野さんより、舞監の役割や仕事についてご説明いただき、会場側の管理スタッフとのやり取りのコツ(資料づくり)についても教えていただきました。

c.jpg

「舞監の七つ道具」や、あると便利なお道具箱も見せていただき、参加者のみなさんは興味津々でした。

b.jpg
七つ道具ぴかぴか(新しい)

休憩の後は「実際に舞台道具に触れてみよう」ということで、実技の時間です。
澤野さんが作った図面を見ながら、「平台」と「箱馬」を使って、舞台を作る方法を体験しました。

a.jpg

「安全についての知識や、ホールを使うお作法を知っていれば、できること・表現の幅がぐんと広がります」と、澤野さんも八巻さんも声を揃えます。

参加者は少なかったですが、だからこそ全員がしっかり実技を体験できました。
また、イベント開催を見込んでのご参加でしたので、「舞台スタッフ・ラボ@サポセン」をお役立ていただけると思います。


ひらめき「舞台スタッフ・ラボ@サポセン」を見逃してしまった方、
もっと本格的に学びたい!という方には…


来年1月から2月にかけて本家「舞台スタッフ・ラボ」が実施されます。
作品をレベルアップさせたい、
いわゆる裏方、スタッフワークに興味があるなど
舞台を使って感動を届けたいすべての方にオススメです!
詳しくはこちら→舞台スタッフ・ラボ