CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«はじめての市民活動を応援します。はじめての○○講座シリーズ「はじめてのミニイベント」開催しました。 | Main | 河北×サポセン 市民ライター講座2016 3日目の合評会!»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年07月12日(Tue) 若林区民の視点でつくる番組「ラヂオはいらいん若林」の制作現場に行ってきました〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフのかさいです。

地域の旬な話題や情報を住民が取材し、自主制作している「ラヂオはいらいん若林」という番組があります。
「はいらいん」とは、仙台弁の「入らいん(お入りください)」に、high「高い」とline 「路線・進路」を重ねあわせた造語です。

ラヂオはいらいん若林は、若林区まちづくり協議会が毎年1回配布している広報誌のラジオ版として、2008年から番組づくりをスタートし、今年で9年目になります。

若林区まちづくり協議会とは、区民が住みよい魅力のあるまちを目指して、行政と協働でまちづくりを進めている団体です。人材育成や広報活動、「若林区民ふるさとまつり」「合唱のつどい」などの企画運営を行っています。


毎年ラヂオはいらいん若林の番組づくりは、年度の方針・各番組のテーマを決める全体会議からはじまります。

kaigi.JPG
▲平成28年度の制作スタッフは、11人でスタート。事務局は若林区まちづくり推進課が担います。


去る7月2日に放送された今年第1回目の放送は、現在の若林区の復興がテーマでした。
区民の制作スタッフが、仙台市地下鉄東西線荒井駅構内にできた3.11メモリアル交流館に出かけ、取材をしました。

メモかん.JPG
▲3.11メモリアル交流館の館長と職員のインタビューを収録


あんうんの呼吸で取材が進み、制作スタッフのチームワークはバッチリです。
それぞれが興味関心がある話題を、住民ならではの視点で切り取り、丁寧に取材・編集し番組をつくります。

syuzai.JPG
▲ラヂオ部門総括プロデューサーの矢尾研二さん(右から2人目)と、制作スタッフのみなさん


番組の制作を技術面で支えているのが、若林区にスタジオがある仙台シティエフエム・ラジオ3です。宮城県内に最初にできたコミュニティFM局として、地域に密着した番組づくりにも力を入れています。

rajio3.JPG
▲ラジオ3の青木朋子さん(左)と、番組のパーソナリティーを務める相澤美紀さん(右)
長年一緒に活動していると、「区民の皆さんの若林区への愛がひしひしと伝わってくる」といいます。


区民、ラジオ局、行政が協力して取り組むラジオ番組づくりの取り組みは、ぱれっと8月号で特集します。ただいま編集中ですので、8月1日の発行をしばしお待ちください。


ひらめきラヂオはいらいん若林は、ラジオ3(周波数FM76.2Mhz)で聴くことができます

ゲーム放送日
 第1・第3土曜日 午前10時〜10時30分まで
 ※第2・第4土曜日 午前10時〜再放送


ひらめき「ラジオはいらいん若林」の放送は、インターネットで聴くこともできます。

ゲーム現在の放送を聴く
「サイマルラジオ」で検索
http://www.simulradio.jp
メニューから「ラジオ3」の「放送を聴く」ボタンをクリック

ゲーム過去の放送を聴く
「ラジオ3」で検索
http://www.radio3.jp
トップページで「インターネットラジオ」をクリック