CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年05月26日(Tue) 5/29まで!『自分でやる防災研究・普及所』の立ち上げを応援<コロナ禍、災害から「生きる知恵」を共に学ぼう>


こんにちは。スタッフの松村です。

一般社団法人復興応援団の代表、佐野哲史さんは「コロナ禍の今こそ、震災の教訓がもっとも活かされるとき。不安と向き合い、問題を解決するために、過去の災害時にどのような問題が起こり、現場でどのように解決したのか知ることが大切」と呼び掛けます。

復興応援団とは、「地元の人が中心となった東北地域の復興を実現すること」をビジョンに掲げ、2011年から東日本大震災の被災地で、地域のコミュニティづくりや、防災・減災活動に汗しています。


このたび、『自分でやる防災研究・普及所』を立ち上げます。このプロジェクトに込めた役割は、自分ごとに捉えられる「実際に役立つケーススタディ」を発信すること。震災後、現場で得てきた「ケーススタディ」を、自主防災の意識と、すぐに取り組める備えを広めようというプロジェクトです。
設立に向け、5月29日までクラウドファンディングに挑戦中です。

遐皮ゥカ繝サ譎ョ蜿頑園繝ュ繧ウ繧・jibun-logo2.jpg
提供:復興応援団

佐野さんは、「コロナ禍で日本全体が避難生活と言ってしまってもいい現状」と話し、
今こそ、『自分でやる備え』の必要性を訴えています。

残り日、これまで災害があるたびに乗り越えてきた私たちの叡智、教訓、あらゆる足跡を未来に活かすプロジェクトに参加しませんか?

ひらめき応援はこちらREDYFOR「日本全体が避難所生活の今、「災」を乗り越えた被災地の知恵を。」


2020年05月26日(Tue) 電話相談ご利用ください!<NPO法人仙台傾聴の会>不安や悩みひとりで抱えていませんか?


こんにちは。スタッフの小林です。

新型コロナウイルスの影響により、多くの団体や事業所などの活動が一時休止の状態となっています。仙台市市民活動サポートセンターで定期的に開催している、
NPO法人仙台傾聴の会の「被災者支援傾聴茶話会」も開催が未定になっております。
そのような中で、NPO法人仙台傾聴の会からお知らせをいただきました。
以下、概要です。

「不安や悩みを一人で抱えていませんか?」
NPO法人仙台傾聴の会「電話相談」の回線、
相談日を増やします!

(令和2年度独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業)

20200524175945_00001.jpg

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現在、NPO法人仙台傾聴の会でも、ほとんどの活動を休止しています。
このような状況の中、さまざまな不安やストレスを抱える方が多くなっていると思われます。誰かに話すだけでも気持ちが落ち着いたり、自分の気持ちが整理されたり、ほっとしたりするものです。
あなたも心を軽くしませんか?
本会相談員が、あなたの心に寄り添います。
今回、相談回線、相談日を増設いたしました。
話を聴いて欲しい方、是非ご利用ください。

●毎週 月・水・金曜日 10:00〜16:00(今回増設)
電話@ 070-2025-8947 
電話A 070-2025-8200
電話B 090-6253-5640
※電話が繋がらない場合は、@〜Bの順にお掛け直し願います。

●毎週 火・木・土曜日 9:00〜17:00
電話080-3199-4481

位置情報NPO法人仙台傾聴の会
〒981-1232 名取市大手町5-6-1 名取市市民活動支援センター内
TEL/FAX 022-343-9705 携帯 090-6253-5640

2020年05月25日(Mon) いざという災害時に感染拡大を防ぐ!<新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック>


こんにちは。スタッフの小田嶋です。

特定非営利活動法人(認定NPO法人)全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(略称、JVOAD)は、災害時の被災者支援における課題解決のため、支援者間の連携を促進し、支援の調整を行っている団体です。平時には災害に備え、多様な担い手とともに啓発・理解促進、政策提言などを行っています。

このたび、JVOADの避難生活改善に関する専門委員会により、「新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック」が発表されましたのでご紹介します。

以下概要です。
---------------------------------------------

新型コロナウイルス
避難生活お役立ちサポートブックのご案内


20200523154516_00001.jpg


JVOAD避難生活改善に関する専門委員会により、
「新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック」がまとめられました。

この状況の中、避難生活を余儀なくされた場合、新型コロナウイルスを始めとする
感染症の予防や蔓延防止のために、『知っていれば、誰でもできるちょっとした配慮』を
分かりやすくまとめた資料です。

新型コロナウイルス_避難生活お役立ちサポートブック_0511版

今後も随時更新予定です。
本サイトの『ガイドライン』に常時掲載されておりますので、
ぜひご活用ください。

特定非営利活動法人(認定NPO法人) 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル267-B
TEL:080-5961-9213
問合せフォームはこちら
2020年05月24日(Sun) 6/5申込締切<仙台市消費生活センター>消費生活パートナー募集中!


こんにちは。スタッフの小林です。

仙台市消費生活センターより、
消費生活パートナー募集のご案内をいただきました。

以下、概要です。

--------------------------------------------------------
消費生活パートナーを募集します。
消費者被害防止に、あなたの力を貸してください!
--------------------------------------------------------


消費生活パートナー」とは
身近な地域で、消費生活センターと消費者の方々をつなぐ「パイプ役」として消費者啓発などの活動をしていただくボランティアです。

< 活動内容 >
「見守る」「学ぶ」「伝える」を基本に、お友達やご近所、職場やサークルなど、身近な方に消費生活の情報を広めたり、消費者トラブルで悩んでいる方に相談窓口を案内したり、消費生活センターの事業に参加、協力するなど、ご自身のライフスタイルに合わせて活動していただきます。

●「見守る」
・高齢者の方などが消費者被害にあわないように見守りを行う
・消費者被害にあっていると思われる方がいた場合は、消費生活センターに相談するよう
アドバイスする

●「学ぶ」
・センターの教材や講座等を利用して、消費者問題について理解を深める
・センターが開催する消費生活講座やイベントに参加する、事業に協力する

●「伝える」
・センターからお伝えする消費生活の情報を身近な方に広める
・身近な方からの消費者トラブル情報やニーズ等をセンターに情報提供する

< 対象 >
(1)仙台市内にお住まいか、通勤・通学している方
(2)消費者問題に興味や関心があり、活動を行う意欲のある方
(3)「消費生活パートナー養成講座」(下記参照)を受講できる方

●パートナー養成講座カリキュラム(予定)
1日目:6月18日(木曜日)午前10時から午後4時まで
・消費者被害の現状
・見守り活動の基礎知識〜傾聴スキルの習得
・成年後見制度の概要

2日目:6月23日(火曜日)午前10時から午後4時まで
・消費者に関わる法律の基礎知識
・クーリング・オフ制度
・啓発活動の方法
※養成講座は、5月21日現在は開催するとのことでしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止や延期となる場合がありますので事前にご確認ください。


< 定員 >
20人程度(応募者多数の場合、選考)
※養成講座を受けていただく方には、6月12日(金曜日)までにご連絡いたします。

< 任期 >
養成講座終了後から令和3年3月31日まで(更新可能)

< お申込方法 >
募集チラシ裏面の応募用紙、またははがき、ファクス、Eメールに、氏名(フリガナ)、性別、年齢、電話番号、ファクス番号、住所、応募動機(200字以内)をご記入いただき、お申し込みください。
※募集チラシは消費生活センターのほか、区役所、市民センターなどで配布しています。

●消費生活パートナー募集チラシ(裏面)応募用紙
こちらからダウンロードできます。

●申込〆切:令和2年65日(金曜日)必着

< 送り先 >
●はがき:〒980-8555(住所記入不要)仙台市消費生活センター行
●ファクス:022-268-8309
●Eメール:sim004140☆city.sendai.jp ☆を@変えて送信
(件名に「消費生活パートナー応募」と入力)
※いただいた個人情報は本事業の運営目的以外には使用いたしません

位置情報お問い合わせ
仙台市消費生活センター
電話:022-268-7040
FAX:022-268-8309
2020年05月23日(Sat) 参加者募集中!<特定非営利活動法人NPOサポートセンター>オンライン配信代行支援を活用したイベントを開催


こんにちは。スタッフの水原です。

特定非営利活動法人NPOサポートセンターでは、
NPOや市民活動向けに研修をするフリーランスと講師を対象に、
費用負担なく、「オンライン受講イベント」の配信代行をサポートをしています。
(支援期間:新型コロナウイルスの影響がおちつくまで)

サポセンブログでも、この支援プログラムについてご紹介しました。
ブログはコチラから→NPO支援のフリーランス、講師のみなさまへ<研修の配信代行支援!>

このプログラムを活用したオンライン講座について、
特定非営利活動法人NPOサポートセンターのホームページ上で受講受付をしています。

時計6/4(木)19:00-20:30
要点を「ヒトコト」にまとめる話し方〜組織内調整が劇的に変わる伝え方のスキル〜
■講 師:芦沢 壮一(はたらくを楽しく創る スキルノート 主宰/ファシリテーター/研修講師)
■受講料:1,500円
※詳しくはコチラからご確認ください→


時計6/8(月)15:00-16:30
国際協力活動・環境NPOのための採択される活動助成金申請書の書き方
■講 師:佐藤 秀樹(江戸川大学 社会学部 現代社会学科 専任講師)
■受講料:1,100円
※詳しくはコチラからご確認ください→


時計6/23(火)15:00-17:00
効果につながる「Webサイト改善とSNS運用」入門セミナー
■講 師:平藤篤(株式会社マルチプル 代表)
■受講料:1,100円
※詳しくはコチラからご確認ください→


ひらめき映像視聴方法について
•Youtube Live のシステムで映像配信します。アカウント登録などの必要はありません。
•お申込み確認後、開催3日前を目安に「放送URL」を申し込みメールアドレスにお送りします。
•生放送時間+終了直後から2週間以内であれば、映像を何回でも視聴できます。
映像配信・技術協力 : 株式会社VoiceJapan


----------

特定非営利活動法人NPOサポートセンターでは、
その他にも様々なオンライン講座を開催しています。
詳しくは、ホームページからご確認ください。

----------

位置情報問い合わせ
特定非営利活動法人NPO サポートセンター
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-7-1 西山ビル4階
TEL:03-6453-7498
FAX:03-6453-7499
E-Mail:center★npo-sc.org(★を@に変えてください)
2020年05月22日(Fri) 相談を受付けます!新型コロナウイルス感染拡大による労働・貧困問題について<NPO法人POSSE仙台支部(仙台POSSE)>

こんにちは、スタッフの舞草です。

新型コロナウイルス感染拡大による経済的打撃は、私たちの生活や働き方に大きな影響をもたらしています。多くの労働者が解雇や減収を余儀なくさせられている今、生活困窮者の増加が社会問題となっています。

今回は、コロナ不況の中で労働問題に幅広く対応しているNPO法人POSSE仙台市支部(仙台POSSE)をご紹介します。

NPO法人POSSE仙台支部(仙台POSSE)は、宮城県、仙台市を中心に労働相談・生活相談を行っている団体です。

新型コロナウイルス感染拡大により、仙台POSSEには「会社から休業手当が支払われない」「内定が取り消しになってしまった」などの相談が数多く寄せられています。このような状況を受け、4月にはコロナウイルスによる労働問題に直面している方向けに、労働問題に詳しい弁護士による法律セミナーイベント「コロナ不況に立ち向かう労働・貧困運動」をオンラインで開催しました。

休業に関する助成制度は存在するのに、会社が制度を利用しないことで従業員に補償が行き届かないなど、会社の不十分な対応の影響を受けている労働者が数多く存在します。
お話を伺った仙台POSSEの担当者は「あきらめないで相談してほしい」と、泣き寝入りをせずに一緒に活路を開きたいと話します。

コロナウイルスによる労働問題に直面している方、それ以外でも労働や生活のことでお困りの方、一人で悩まずに、仙台POSSEに相談をしてみませんか。


以下、NPO法人POSSE仙台支部(仙台POSSE)ホームページより
-------------------------------------------------------------------- 
仙台POSSEでは、正社員・非正規・派遣・パート・アルバイトなど雇用形態を問わず、仙台市・宮城県を中心に東北地方全域から、労働相談を電話やメールにて無料で受け付けています。事務所(仙台市内)の近くにお住まいでご希望があれば、お電話等でご予約の上、直接お会いする形での相談も受け付けています。

ひらめき労働相談はこちら
●相談TEL:022-302-3349
(平日17時〜21時、土日祝13時〜17時、水曜日定休)
お電話がつながりにくい場合は、下記メールアドレスにご連絡ください。
メール相談は年中無休
●E-MAIL:sendai★npoposse.jp(★を@に変えて送信)

ひらめき相談フォームはこちら
https://sendaiposseblog.wordpress.com/rodo-soudan/


位置情報NPO法人POSSE仙台支部(仙台POSSE)
〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-14-20 本町キクタビル601
2020年05月22日(Fri) 助成金を公募!コロナ給付金寄付プロジェクト<コロナ給付金寄付実行委員会>団体や企業、個人を支援

こんにちは、スタッフの水原です。

公益財団法人パブリックリソース財団から、
助成金のお知らせが届きましたのでご紹介いたします。

コロナ給付金寄付プロジェクト」は、ヤフー株式会社、日本最大級のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンク、公益財団法人パブリックリソース財団、専門家有志とともに発足しました。

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」として政府から一律給付される10万円を、資金的援助を必要としている団体や企業、個人を支援したいと考えている方にご寄付していただきます。それを原資とし、公益財団法人パブリックリソース財団が助成金の交付を行います。


<助成金の公募情報>

第1回助成の公募情報を公開中です。本プロジェクトでは、4つの基金をご用意しております。該当する基金を選択してください。

■第1回助成 公募期間:2020年518日(月)〜 525日(月)

〇医療分野助成基金 詳細はコチラ→
〇福祉・教育・子ども分野助成基金 詳細はコチラ→
〇文化・芸術・スポーツ分野助成基金 詳細はコチラ→
〇経営困難に追い込まれた中小企業助成基金 詳細はコチラ→

以下の詳細については、コチラからご確認ください
・支援の内容と対象
・応募要件
・審査方法と審査基準
・応募手続き
・応募要項ダウンロードとお問合せ


位置情報問い合わせ:公益財団法人パブリックリソース財団


ひらめきコロナ給付金寄付プロジェクト」は支援を必要とする人と
支援したい人とつなげるプロジェクトです。
支援したい人について、詳細はコチラをご覧ください→★★★

↓↓↓

ひらめきサポセンブログでもご紹介しました。
本当に支援が必要な人々のもとへ<新型コロナウイルスに伴う支援>特別定額給付金寄付プロジェクト他







2020年05月21日(Thu) 本当に支援が必要な人々のもとへ<新型コロナウイルスに伴う支援>特別定額給付金寄付プロジェクト他

こんにちは、スタッフの舞草です。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、
感染症緊急経済対策として国から一律に10万円の特別定額給付金が給付されます。
この定額給付金を、本当に困っている人へ届けたいという方々が多くいらっしゃいます。
そこで、新型コロナウイルス感染拡大への対応を支える各種団体の寄附・基金情報をご紹介します。


満月あなたの思いをあしたの支援に〜コロナ給付金寄付プロジェクト

―支援を必要とする人と支援したい人をつなげる―
「寄付したいが、どこに寄付していいかわからない」という声にお応えするため、
ヤフー株式会社、日本最大級のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営する
株式会社トラストバンク、公益財団法人パブリックリソース財団、
そして心ある専門家有志のみなさんとともに「コロナ給付金寄付実行委員会」は発足し、
2つの寄付サイトを公開することとなりました。

「医療」「福祉・教育・子ども」「文化・芸術・スポーツ」「経営困難に追い込まれた中小企業」の4分野から選択し、寄付を行うことが可能です。

寄付金額:クレジットカードは100円から、Tポイントは1円から寄付が可能
受付期間:1年間は継続公開し、受付予定。それ以降は実行委員会で協議の上、終了時期決定

寄付・詳細はこちらをご覧ください→☆☆☆

位置情報コロナ給付金寄付実行委員会



満月ピースウィンズ・ジャパンの新型コロナウイルス緊急支援事業
―新型コロナウイルスと闘う日本の医療を守る!―


ピースウィンズ・ジャパンでは人びとの命を守るために全力を尽くされている医療従事者への支援を実施しています。政府などの支援が届きにくい中小のクリニックや、診療所にも支援を届けています。

クレジットカードでのお振込
下記URLにアクセスの上、必要事項を入力してください
https://krs.bz/pwjpr/m/onlythistime?e_1107=35

郵便局でのお振込
最寄りの郵便局で、窓口に設置してある「払込取扱票」または「郵便振替払込請求書兼受領証」に必要事項をご記入の上、お振込みください。
ご記入いただく事項は、下記の通りです。
口座番号:00160-3-179641
加入者名:ピースウィンズジャパン

@金額:ご寄付いただきます金額をご記入ください
A通信欄:特定の支援地への寄付をご希望の場合は、地域名をご記入ください。また領収書が必要かどうかをご記入ください(なお、1000円未満のご寄付については、原則として、領収書は発行しておりません)
※また、通信欄に「新型コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。
Bご依頼人・払込人住所氏名:
必ずお名前、電話番号、郵便番号、住所をご記入下さい。

銀行でのお振込
PWJ活動全般へのご寄付
銀行名:三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義:特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン広報口
トクヒ)ピースウィンズジャパン コウホウグチ
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。
お振込み後に、下記HP問い合わせフォームよりご連絡ください。
https://krs.bz/pwjpr/m/contact

詳しくはこちらから→☆☆☆

位置情報ピースウィンズ・ジャパン



満月ひとりじゃないよプロジェクト〜コロナ危機で困っているシングルマザーと子どもに支援を!〜

私たちは、困窮する女性や子どもの支援活動をしている団体を支え、広く寄付を呼びかけることが急務だと考えました。政府からの給付金などの寄付を考えている人もいるでしょう。その思いを、困っている女性や子どもの支援につなげられればと思います。(プロジェクトHPより)

寄付方法:「活動団体」のページより団体のURLをクリックし、各団体のHPよりご寄付ください

支援活動団体情報はこちらから→☆☆☆

位置情報ひとりじゃないよプロジェクト


2020年05月19日(Tue) 年度内随時募集!<新型コロナウイルス感染拡大による特別活動支援金>


公益財団法人ウェスレー財団より、新型コロナウイルス感染拡大による特別活動支援金のお知らせです。
以下、概要です。

-------------------------------------------------------------------------------
ウェスレー財団では、新型コロナウイルスの感染拡大により、
今回特別に緊急救援ならびに人道支援活動に対して支援金を交付いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

〇趣旨
ウェスレー財団の設立目的である「キリストの博愛の精神に基づき、国際相互理解を深め、教育を通して国民の心身の健全な発達に寄与し、社会福祉の増進に寄与する」ため、支援金事業を行っています。新型コロナウイルスの感染拡大により、今回特別に緊急救援ならびに人道支援活動に対して支援金を交付いたします。

〇支援対象・期間
新型コロナウイルスの感染拡大により生じる緊急救援、ならびに人道支援(社会的弱者に対する支援、社会福祉向上、児童又は青少年の健全な育成など)に取り組む活動で、2020年4月1日〜2021年3月31日に国内で実施される事業を支援対象とします。

〇申請期間
2020年4月13日〜締切無し(ただし、2021年3月31日までに実施される事業であること)

〇申請条件
・日本国内で活動する団体(学校を含みます。法人格の有無は問いませんが、すでに支援金申請分野において1年以上の活動実績があること)
・日本の公益に寄与することを目的として、活動の成果を日本国内に還元できる活動
・特定の宗教や教派の布教活動や特定の政治団体の理念に立脚した活動でないこと
・営利を目的とする、またはその結果が直接営利に結びつく活動でないこと
・反社会的な勢力とは一切関わりがないこと

〇支援金額
1件100万円を上限とします。
*申請団体と雇用関係にある人の人件費や通勤費等は申請できません。
*報告時に支出の内容を確認するため、支援金を含めた事業全体の経費について領収書の写し等、証憑書類の添付が必要となります。

〇申請方法
@ウェスレー財団HPより申請書類をダウンロード、固有名詞など必要なところ以外は日本語で作成してください。
A団体の規約、役員名簿、会計報告、事業報告、申請事業予算に関する見積書などの資料があれば添付してください。
B申請書類を当財団に郵送及びメール添付で提出してください。
C申請書類の返却はいたしかねますのでご了承ください。

申請条件や応募の詳細は、申請ガイドをご参照ください。
申請ガイドはコチラ
https://wesley.or.jp/program/Covid19Grants_Guideline.pdf

・特別活動支援金申請書(記入例)
https://wesley.or.jp/information/Covid19Grants_ApplicationForm_HowtoWrite.pdf

・特別活動支援金事業実施報告書(記入例)
https://wesley.or.jp/program/Covid19Grants_Report_HowtoWrite.pdf

事業終了後、報告書をダウンロードし提出してください。

申請書郵送先
〒107-0062
東京都港区南青山6-10-11ウェスレーセンター301ウェスレー財団支援金事業係

〇お問合せ先
下記メールアドレスまでお問合せください
grant☆wesley.or.jp(☆を@に変換)
担当者:生原(はいばら)

申請書フォームや詳細については、コチラをご覧ください。
https://wesley.or.jp/program/news/post-17.html
2020年05月17日(Sun) <せんだい豊齢学園>仙台のシニア世代から動画メッセージ「コロナに負けるな!」


こんにちは。スタッフの小林です。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、不要不急の外出自粛や人と一定の距離を保つ「ソーシャル・ディスタンス」など、いろいろな取り組みが行われています。
そのような中で、せんだい豊齢学園事務局からお知らせをいただきました!

以下、概要です。
----

せんだい豊齢学園は、シニア世代がいくつになっても生きがいを持ち、
心豊かに安心して暮らしつづけることができる社会の実現を目指して
平成4年から開講しています。
ともに学び、ともに考え、ともに実践していく生涯学習の場として、
学園生が知識の習得、仲間づくりに励んでおります。

令和2年度せんだい豊齢学園は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、
4月に予定していた入学説明会、入学式は延期。イベントや催事等も中止しています。
そのような中で、この度、豊齢学園生・修了生・豊齢ネットのみなさんのご協力をいただき、
YouTube動画をアップいたしました。

まだ事業再開の見通しはたっておりませんが、これからもみなさんを元気づけ、
感染症拡大防止につながるメッセージを伝えていきたいと思います。
(第2回以降も作成予定です)


手(グー)せんだい豊齢学園・せんだい豊齢ネットワークのYouTube動画手(チョキ)
今回は「コロナに負けるな!」をテーマに作成しました。ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=1FBaRPncYvo&feature=youtu.be

hqdefault.jpg

右矢印1『せんだい豊齢学園チャンネル』で検索してもご覧いただけます。




※せんだい豊齢ネットワークとは、少子高齢化が進む中、“シニアの力で仙台を元気にしよう”と各種活動を行っているシニアのグループが集まってできたネットワーク組織です。
加入グループ同士の交流や活動の活性化、加入グループ全体での各種活動のサポートを行っております。

<お問い合わせ> せんだい豊齢学園事務局
(シルバーセンターいきがい推進課いきがい支援係)
TEL022-215-3129 FAX022-215-4140 
https://www.senkenhuku.com/silvercent
| 次へ