CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年03月 | Main | 2012年05月»
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
被災した好文館高校吹奏楽部が定期演奏会 [2012年04月17日(Tue)]



kohbunkan.jpg




 宮城県石巻市にある
県立石巻好文館高校吹奏楽部(指導=秋葉広人教諭)が
5月19,20の両日東松島市のコミュニティセンターで
「第7回定期演奏会」を開催します。

お近くの方は是非、お越しください。

同校は東日本大震災で大きな被害を受け、
吹奏楽部は多くの楽器を失いました。

そこで社会福祉法人さぽうと21(筆者は理事長)が
さまざまな楽器を買い揃え、提供しました。

同吹奏楽部のみなさんは、
昨年6月には、仙台市青年文化会館で
トランペットの世界的巨匠エリック・オービエを迎え、
仙台フィルハーモニー交響楽団と並んでステージで演奏し、
大きな拍手と涙を誘いました。

このポスターに「日の丸」とともに
フランスの三色旗が並んでいるのは
そんな思い出があるからではないでしょうか。

仙台でも両国旗をステージに張り出しておきました。

19日(土)は17:00から、
20日(日)は14:00開演です。入場料400円。
亡き友・高野國夫くんが遺した桜 [2012年04月16日(Mon)]


sakura1.jpg



sakura2.jpg



sakura3.jpg



sakura4.jpg



sakura5.jpg



sakura6.jpg

お好きな写真をクリックしてください。
桜を拡大してご鑑賞いただけます。。


各地でお花見が続いていることかと思います。
今朝、オリンピック記念都立駒沢公園を通ってきましたが、
ソメイヨシノは8割散ったとはいえ、どういう種類か
判らない桜が満開でした。

 しかし、私は、今はなき親友・高野國夫くんが精魂傾けて
長野県の山奥で求め、移植したこの桜が大好きです。

 何度かお花見に行ったのですが、今年は公私とも
多忙で果たせませんでした。

 しかし、ありがたいことに、奥様がちゃんと写真を
届けてくださいました。

 一人で豪快な気分に浸りましたが、
それはあまりにもったいないので、公開します。

 場所は、三重県鈴鹿市。高野興業造園部ですが、
高野くんはまさにこの場所で3年ほど前、急逝したのです。
                   合掌

 
鳩山元首相への信頼度を世論調査で示すべし [2012年04月13日(Fri)]
ikari[1].jpg




鳩山由紀夫元首相について国会議員としての信頼度を問う世論調査というのを
すべきであると小欄で書こうと思いつつ、
北朝鮮のミサイル発射を注視して遅れてしまった。

この人に政治家は無理だと私は思う。
一刻も早く衆議院議員も、民主党最高顧問(外交担当)を辞めるべきであるが、
本人はもとより「宇宙人」なので意に解さない様子。

だからといって、国会議員にはリコール制度がない。
ならば、メディアが世論調査でもやってほしい。
所属する党の意向を無視して北京に行ったり、テヘランを訪問しては
「元首相」としての前官優遇のプロトコールをもって「歓迎」されてしまう。

ここは民主主義の原則を活用して、国民の不信を数字で示すべきではないか。
清水美和氏、逝く [2012年04月11日(Wed)]



shimizu.jpg



 畏友・清水美和氏(よしかず)中日新聞東京本社論説主幹が、10日朝、
膵臓がんのため逝去しました。58歳。
中国問題で幅広い文筆活動を行い、2007年度の日本記者クラブ賞を受賞しました。
著書に「中国農民の反乱」など。

 10年近く前、日本財団の笹川陽平理事長(当時)から、
紹介したい人がいるからと引き合わされたとき、
正直言って、腰を抜かさんばかりに驚きました。私は東京新聞を多年、愛読していました。
それはひとえに清水記者の中国報道にほれ込み、あの新聞社には
おそろしく分析力と筆力のある女性記者がいるものと勝手に思い込んでいたのです。

 爾来、意気投合、モスクワに、サハリンに、ウラジオストクにと
たぶん5回くらい一緒に訪問しました。ロシア側は中国を巡る
「清水報告」に息を巻いていました。
私たちの「日露専門家対話」のレベルアップに寄与してくださり、「日本人はすごいぞ」と
思わせる最も大きな役割を果たしてくれた一人でした。

 東京財団での虎の門DOJO(道場)やユーラシア21研究所の「虎の門フォーラム」でも
講師を引き受けてくださり、癌をわずらってからも虎の門政治外交懇話会の有力メンバーでした。

 貴重な人材、大事な友をまた喪いました。
電車の中で新聞を読んでいて訃報を知り、茫然自失、1駅乗り越してしまいました。
数ヶ月前、経済産業省の裏通りで偶然会い、立ち話したのが最後でした。    合掌

菜の花の英語名はなぜ? [2012年04月10日(Tue)]


P3220208.JPG





P3220209.JPG


  都立駒沢公園で。4月9日、撮影。


文部省唱歌『朧月夜』
(高野辰之作詞、岡野貞一作曲〉
「菜の花畠に入日薄れ・・・」と始まる。

桜の前に春を告げる花か。春の季語。

ただ、この歌詞の菜の花は
「時代から見てセイヨウアブラナまたは、
着想を得たとされる飯山市で栽培されている
野沢菜とみられる」と
ウィキペディアには出ている。

百科事典には、菜の花とはアブラナの花、
菜種の花。古く中国より渡来し、
菜食用に栽培されていたが、
16世紀に採油用として脚光を浴びると、
各地で栽培面積が急増したとある。

与謝蕪村(1716-1783年)の
「菜の花や月は東に日は西に」、
スケールの大きな句に、中学生の私は
すっかり感動したのだったが、
10年程前、
私が勤務していた大学のゼミ生が
「朧月って何月ですか?」とのたまったので、
この教授先生はおったまげ、
急遽、ゼミ本来のテーマを全面変更し、
日本の唱歌・童謡について1年間勉強した。

その成果は、拙著
『歌い継ぎたい日本の歌−
愛唱歌とっておきの話』(海竜社)となり、
幸い、メディアで好評だったせいか、
先日は定価より
はるかに高い値段でAmazonに出ていた。

蕪村は、
菜の花(堀田満によれば、在来種アブラナ)を
いくつもの句に詠みこんでいる。

菜の花や 鯨もよらず 海暮ぬ
菜の花や 摩耶を下れば 日の暮るる
菜の花を 墓に手向けん 金福寺
「なの花にうしろ下りの住居かな」(一茶)や
「菜の花の遙かに黄なり筑後川」(夏目漱石)
もそれぞれの特徴があり、いいと思う。

ところで、この菜の花、英語では何というか。
ウィキペディアには
Tenderstem broccoliとあるが、
昨夜、居酒屋でたまたま居合わせた
トロントから来たカナダ人ビジズスマンは
「rape blossoms」。
私もそれしか知らない。

しかし、rapeとはただならぬ単語。
「梅や桜の少ない国では、
菜の花が冬を突き破って春を告げるからか」
などと、(元)少年は
寝付けぬ一夜を過ごしてしまった。

どなたか、どうして菜の花を
英語ではrape blossomsなどと
激しい名前で呼ぶのか、教えてください。
ミッキーも「日の丸」の時代です [2012年04月08日(Sun)]


mickey4.jpg







昨日、地方在住の方お二人を日本財団から東京駅までお送りしました。
すると途中で「このあたり、ずいぶん日の丸が掲揚されていますね」と
お一人がおっしゃいました。霞が関、丸の内の周辺です。
つまり、国会、首相官邸、官庁街と日本を代表するような一流企業が並ぶところです。

しかし、残念ながらここは日本の中の「日の丸の聖地」のようなものです。
他では祭日(旗日)でさえ、交通機関の運転席を除いて「日の丸」とはめったに出会えません。

ところが、最近、そういう聖地が結構増えてきているのです。例えば、国際的な競技会場。
オリンピックやW杯の観客席、これぞまさに新しい聖地です。
私など、観覧席を動き回っては、どんな「日の丸」があるのか、見て歩くのです。
するとおでこやほっぺたにはもちろん、口紅をまるく縫って目の下まで真っ白にしたり、
はては先頭部を剃ってドーランで「日の丸」を描いたりしているのです。
まさに、ファッションであり、あるいはコンテストの感です。
生涯一度は私もそんな恰好をしたいとは思うのですが、老生がやっては世間に心配され、
ご迷惑をかけることになろうかと、「遠慮」しているだけです。

ところがお二人とお別れしてから、「ディズニー・ストアで日の丸をアレンジしたグッズを
いろいろ扱ってるよ」と親戚の人が言っていたのを思い出し、
そこから、駅の一番街イベントスペースのデォズニーストアに立ち寄ってみました。

胸に「I ● Tokyo 」が入ったミッキーがバック付きであるのをはじめ、
鉛筆、消しゴム、箸、扇、日本手ぬぐい、小型トートバッグ、
クッキー、煎餅などが並んでいるんです。

「売れてますか?」
「はい。多くのお客様にお買い上げ戴きました」
「どんな人が買いますか?」
「老若男女、さまざまなみなさまです」
「私が買ったんですから、美男美女でしょう」
「?」

嬉しかったですね。全部、買いました。興奮さえしました。

このディズニーストア、東京駅八重洲口一番街イベントスペース1番プラザの
ディズニ−ストアです。4月16日まで、毎日10:00〜20:30まで実施されています。
最終日は18:00まで。時代遅れにならないよう、あなたもどうぞ。
マリ北部でアザワド共和国が独立宣言、笹川会長の所感を伺いたい [2012年04月07日(Sat)]



300px-Flag_of_Mali_svg.png

マリ共和国の国旗




175px-MNLA_flag_svg.png


   「アザワド共和国」の「国旗」

「マリの国旗は交通信号と色の順番が同じ」などと呑気なことを言っていられない、緊迫さと干ばつによる飢餓が北部を送っているのです。

西アフリカ・マリの反政府勢力「アザワド解放国民運動(MNLA)」は今月初めまでに世界遺産の都市トンブクトゥを陥落させ、国の北半分を支配に置きました。

クーデターを起こした軍はまともな武器もなく、訓練も受けていないのに対し、MNLAはリビアでカダフィ政権側に加担した将兵が大半で、高性能の武器を持ち、重装備でもあるようです。加えて、イスラム過激派からの支援もあるのだとか。

そのMNLAは4月6日、アザワド共和国としてマリからの独立を宣言したのです。「おそらく国旗も採択されているでしょうが、まだ、判りません」と言っているうちに、新情報が入ってきました。アフリカ諸国に共通な赤黄緑と黒。国旗ができたから独立というわけにはゆかず、目下、旧宗主国フランスも承認を拒否しています。しかし、首都バマコが混乱している以上、国際的な調整が図られなければ秩序の回復は期待できません。

日本財団の笹川陽平会長はつい最近、そのマリ、チャド、中央アフリカを訪問され、私が理事をつとめる「nippon.com」のフランス語HPを「大いに宣伝したが、その前に、電気もPCもない状況をなんとかしなくてはならない」と4月3日、暴風雨のさなかに開かれた同法人のJapan Echoからnippon.comへの名称変更披露レセプションで話されたのですが、ちょうどそのさなかに、マリは大混乱し始めたのでした。

マリ情勢についての会長の所感をブログで掲載してくださることを期待しています。
矜持をもって対露関係に当たるべし [2012年04月04日(Wed)]



ennma1.jpg




『しゃりばり』(大沼芳徳編集長)は
(社)北海道総合研究調査会が発行する月刊誌。
毎号、楽しく読ませていただき、
かつ大いに勉強させていただいています。

その4月号(No.362)に、
かつて「中央公論」の名編集長として
一世風靡というか、さまざまな論客を「育てた」
粕谷一希さんが
「プーチン政権のロシアと胡錦濤の中国」と題して、
通算201回目の巻頭連載コラムを書いておられる。

そのロシアに関わる部分をまず紹介したい。

  ☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜ 

 プーチンが選挙に勝ち、
胡錦濤の中国が国家目標としての経済成長率を
引き下げた。

どちらも国の安定を欲しているという。

そのロシアが北方領土問題の積極的解決を言い出した。
日本もそれに応ずるべきだろう。

 日露関係の間にはいまだに
平和条約の締結すらできていない。

スターリンが“日露戦争の仇討ちだ”
といったことには驚かされたが、
領土問題に完全勝利ということはない。

漁業問題の解決は河野一郎が
ロシアのブルガーニン首相との間で解決した。

ロシアとの交渉は河野一郎程度は
ちょうどよいという論評がでたことがある。

また戦略的思考を重んずる永井陽之助と
外務省が対立したことがある。

永井氏は
中国よりソ連を先にすることを示唆した。

しかし、田中角栄と大平正芳内閣の
自民党政権は中国を先にしてしまった。
歴史的由来を重んじたからであろう。

戦略論と歴史的由来は共に大事だが、
当時の中国には幻想が含まれていた。

日本が日中友好を唱えても、
中国は自分の主義、主張を重んずるからである。

ケ小平の中国は社会主義市場経済という
わけのわからない観念で国を引っ張った。
それ以後、中国も市場経済社会となり、
一見、近代化は進んでいる。
インドも同様だ。

ロシアも中国も安保理常任理事だが、
アメリカのイラン制裁に反対で
承認を拒否した。しかし、
両国もテロリズムは嫌いで、
その場合はアメリカに同調する。
日本も自分の主張を
もっと大胆に主張した方がよい。

密約などで、若泉を憤死させたが、
そんな小手先の外交は外交の名に価しない。
日本は経済成長ではなく、
国の誇りを回復しなくてはならない。

同時に領土よりも関係の方を
優先させなくてはならない。

かつて高坂正堯氏は
「北方領土など爆発したい位だ」と
つぶやいたことがあったが、
領土より日露関係の解決が大事だ。(以下略)

★ .。.:*・゜★.。.:*・゜★.。.:*・

 ここに出てくる永井、若泉、高坂の3先生には
若い頃、私はとても可愛がっていただいた。

 みなさんほんとにご立派な方で、
思い出しても懐かしい。ところがなぜか、
若泉 敬先生のみ呼び捨てで、
高坂先生のみ「氏」が付き、
永井先生はフルネームのままいうのは、
名編集長さん、なぜでしょう? 
不思議というほかない。

また「憤死」というのも美化しすぎではないか。
病に倒れ、ホントに最後の最期に
福井県鯖江の斎藤病院で服毒したのは事実だ。

院内で服毒されては親友・斎藤院長も
さぞ困ったことだろうとは思うが、
毒薬ははるか事前に同院長が渡したという
「信じがたい」噂さえある。

 日ソ専門家会議には3人ともご参加くださり、
ご一緒にモスクワやレニングラードにも
行ったことがある。若泉先生からは
令夫人急逝の報せを近くの石川県松任市で受け
私はまだ温かいうちにご自宅に駆け、
お悔やみを申し上げ、当座のお手伝いをした。

 それはそうと、
ここではっきり言っておきたいのは、
3人とも「北方領土なんてどうでもいい」
などとは決して言っていないということだ。

 会議の記録もきちんと採ってある。どうやって
このややこしい問題を解決すべきか、
わが師・末次一郎を中心に何十回も議論した。

「日本も自分の主張を
もっと大胆に主張した方がよい」、
「日本は経済成長ではなく、
国の誇りを回復しなくてはならない」は
大賛成。

しかし、同時に領土問題をないがしろにして、
経済関係だけを優先させなくてはならない。

まして、先方が大きな声を出したから
何か妥協案でも出さなくてはという話ではない。

そんなにおっしゃるなら、プーチンさん、
Show your card, First.でいいのだ。

解決には「天の時」が必要だ。その第一は
両国の政治情勢が安定していることだ。

また、日米関係がしっかりし、
米露関係が安定していることも重要である。

対露交渉で「あせり」は禁物なのである。
地理検定って面白そうですよ! [2012年04月03日(Tue)]





chiritentei.jpg




文部科学省の認定財団法人・日本余暇文化振興会が
この案内書にある日程により、
今年も全国各地で「地理能力検定試験」を行います。

 過去問をやってみましたが、初級ならなんとか出来そうですが、
上級は「凄いね!」と感嘆するほかありません。しかし、
そのくらいでないと挑戦する意味もないし、
ファイトも沸きません。

 あなたもやってみませんか?
国旗検定が始まります [2012年04月02日(Mon)]



kokkikenntei.jpg




 財団法人日本余暇文化振興会(JALD)は
「地理検定」で定評のある団体です。

 そこが今度、「国旗検定」をはじめます。

 出題する問題は、
不肖・吹浦忠正が作成し、
ベテラン高校教師ほかに
しっかり見ていただいています。

 この検定はどなたでも受験でき、
居ながらにして「国旗博士」になれるのです。

 長いこと小欄をお読みくださっている方や
HP「タディの世界の国旗」を
ごらんになっている方は、
もちろん、
やすやすと上級の資格を取得できるかと
思います。

 国旗を知ることはその国を知る第一歩、あなたも挑戦してみてください。