CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年03月 | Main | 2012年05月»
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
「今どきの中学生」に拍手!―石巻・湊中学校生 [2012年04月18日(Wed)]



ishino1.jpg




ishino2.jpg





 東日本大震災で校舎が流された宮城県石巻市立湊中学校の3年生12人
(全員女生徒、引率者なし)が、18日昼、社会福祉法人さぽうと21を訪ねてくれました。
東京駅から目黒駅前の事務所に直行してきたのだそうです。

 東京への修学旅行の自由研修の中で、同校吹奏楽部員たちが、
楽器を提供したさぽうと21にお礼を言いたいとやって来たのです。
最初、理事長である私と懇談した後、姉妹団体である認定NPO法人難民を助ける会の
職員数十名が一緒になり、各生徒がそれぞれに
「演奏を続けられたことが何度も折れそうになった心を支えた」
「コンクールに出場できてよかった」「伝統が消えないでがんばることが出来た」
などとお礼の言葉を述べてくれました。

また、質問に答えてどの子も「家族を亡くしました」「祖父祖母が行方不明のままです」
「自宅が全壊しました」「実験教材がありません」・・・と涙もなく語るのです。
生徒たちも緊張していたのでしょうが、こうなるとこっちも緊張します。

言われてみれば当たり前ですが、全員、阪神淡路大震災から数年経って生まれた
私にとっては孫の世代なのです。今の学生がみな平成生まれなのと同じで、
いまさらながらちょっとびっくり。

 最後に、
「きょうこれからどうするの? お昼は?」
「渋谷を歩いて、どこかに入ってみんなで食べます」
「あとはどんなところに行くの?」
「ミュージカル・ライオンキングが楽しみです」
「それとディズニーランド」
もう、微笑いっぱいです。

 私たちの中学3年の修学旅行は、青函連絡船で北海道に渡り、函館近郊でトラピスト修道院、
札幌で時計台、クラーク博士の胸像、ポプラ並木・・・、思えば60年近く前のこと、
うん、今の中学生にはこの行程でいいんだろうと、心配しつつもなんとなく納得して、
「ジジ」は一人蕎麦屋の暖簾をくぐりました。

 いやぁ、それにしても、まず楽器をくれたところにお礼に来るというその気持ち、
先生方のご指導あってのことでしょうが、うれしかったなぁ。
湊中学吹奏楽部、がんばれよ。
| 次へ