CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ドイツでの笑い話A [2011年06月27日(Mon)]




   これが通用口ですからね、ちょっとすごいですよ。









 フランクフルトでは、分不相応に
由緒あるスタイゲンベルガーホテルに泊まった。

 1870年代、つまりドイツが統一してスグの創業で
世界100ホテルにも選ばれている有名ホテルだ。

 奮発して、といえばかっこいいが、こればかりは
背伸びしても届かない。

 さるスポンサーがついてのことだ。先ずは感謝。

 この田舎紳士は、とりあえずは胸を張って
ドアマンに少々渡し、
玄関前からタクシーに乗った。

 トルコ人の運転手だった。

 運「さすがぁ、日本人はいいところに泊まりますね」

 私「いや、まぁ、いろいろあって・・・」

 運「旦那、知ってますか? 
あそこのホテルが宗教施設だってこと」

 私「ん?」

 運「チェックアウトの時に請求書を見て
みなさん、Oh, my God!っていうんですよ」。
丹波大使をお招きし講演会 [2011年06月27日(Mon)]











    第51回虎ノ門フォーラムのご案内

虎ノ門フォーラム、今回は、
日露平和条約交渉の
枢要な部分に関わってこられた
元駐ロシア大使 丹波實氏をお迎えし、
「最近のロシアの内外情勢と日露関係」を
テーマにお話していただきます。

万障お繰り合わせのうえ
ご出席賜りますようご案内申し上げます。

           記

講 師 :  丹波 實 氏 (たんば みのる)
       〜元駐ロシア大使〜

テーマ : 「最近のロシアの内外情勢と
        日露関係」

と き : 2011年7月26日(火) 
        講演会18:00〜19:30 

ところ : 海洋船舶ビル 10階ホール
      港区虎ノ門1-15-16
       Tel 03-3500-1215
       東京メトロ銀座線・虎ノ門駅
       4番出口から、
       桜田通りを神谷町方向に向かい
       4つ目のビル。

聴講料: 年会費・・・・12,000円
     一   般 ・・・ 2,000円
     学   生 ・・・ 無  料
     
*人数の把握のため、
ご参加いただける方は「ご芳名、ご連絡先、所属」を、
MailまたはFaxにてお知らせください。

 ご連絡を頂戴した時点で受付完了と
させていただき、返信はいたしません
 のでご了承ください。

虎ノ門フォーラム事務局
 Mail: t-forum@eri-21.or.jp
 Fax: 03-3500-0215
楽器支援、河北新報でも報道 [2011年06月27日(Mon)]




 不在中に河北新報にも
楽器支援の報道が掲載されたことを
同社の取材記者からのメールで
知りました。

 被災地への楽器支援はこのあと、
昨日までに宮城県立好文館高校、
石巻市吹奏楽連盟、
そして
岩手県野田村立野田中学校あてに
実施され、
昨日までに地元の楽器店から
楽器が配送されたことが確認されました。

 石巻には、同市出身で
5月20日の「被災地出身演奏家の祈りに応える
チャリティ・コンサート<故郷>」の呼びかけ人である
安藤友樹実行委員(東フィル所属トランペット奏者)ほかが
7月17日に訪問して、贈呈式を行う予定です。

 楽器支援へのご協力は
社会福祉法人さぽうと21へ。

 電話は、03−5449−1331または
吹浦(090−3213−5281)へ。

日航さん、「日の丸」が屈辱的ですぞ [2011年06月27日(Mon)]











        上が日航フランクフルト支店、下が全日空の同。





 もう数百回海外に行っているのに、
時差ボケをこんなに酷く味わったのは
初めてです。

 齢70ともなればやむをえざる仕儀か?
いやいやそんなことはない。

 搭乗したのは日本航空。
フランクフルトからの帰路、
ビジネスクラスだったのに、
ほとんど眠ることが出来ませんでした。
そうなると背もたれを倒しても
まだ斜度のきつさだけが気になり、
日ごろさえない頭が冴えわたった?りして
しまうのです。

 帰国後、仲間から、全日空便なら、
座席がほぼまっすぐになるのに・・・と
同情されたほどです。

 それよりも、日本航空に
1つ文句を言いたいことがあります。

 フラッグ・キャリアとしての
日本航空の、フランクフルト支店、
あの「日の丸」の掲げ方はなんとも貧弱で
屈辱的なことか。

6月24日は聖体節で休日だったので、
支店長にでも直接、
ご注意申し上げることは
かないませんでしたので、空港の窓口に
苦情をお伝えしました。

 国旗は、威風堂々と
掲揚されるべきものです。

「こういう心根だから
日航は左前になるんだ」と
どこかから聞こえてきそうです。

これで士気があがるわけがないでしょう。

日本人としての矜持も問題です。

おっと、別に眠れなかったウラミを
こちらに転じたわけでは
ありませんよ。この写真を撮れた
ということは、搭乗前の話ですから。
念のため。
| 次へ