CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ノートルダム寺院 [2011年06月26日(Sun)]














































 パリに行くときは、どんなに忙しくても、
ノートルダム寺院を訪ねます。

 もとよりカトリックではありませんが、
否、正確に言えば上京直後に
足しげく高輪教会に通い、
「なりかけ」たことはありましたが、
司祭の「ケネディとニクソンによって米大統領選挙が
戦われている。カトリックのケネディの勝利のために
お祈りを」という呼びかけに、
はっと目が覚め、爾来、縁がないのです。

 国家のトップを選ぶのは宗教が何かではなく、
憲法、安全保障、外交、経済、教育といった
主要な政治課題に
どんな哲学や政策を語り、唱えてきたかが重要だと
真摯に思っていたものですから、
このひとことですっかり冷めてしまったのでした。

 もっとも、今の菅首相、そのどれをも
語っていないまま、首相になってしまい、
この体たらくです。

 閑話休題。

 ノートルダム寺院で着席し、
静かな気持ちになれば、中世以来の
キリスト教文明のエッセンスのようなものが
前後左右から押し寄せてくる
気持ちになるのです。

 これは別に私だけが言っていることでは
もちろん、ありません。

 私が最初に出会ったそうした文章は
横光利一の『旅愁』の一節でした。

 実は、たまたま若いころにその
横光家に隣接する東京・池ノ上のアパートに
住んでいたことがあり、未亡人が
毎日、お庭の手入れをしているのを眺め、
多少、言葉も交わす機会もあり、
すっかり横光ファンに
なってしまったからかもしれません。

 1968年の暮れに初めてパリに
行って以来、ノートルダム寺院に
佇んできました。

 今回もそうしましたが、
実は写真を撮ったのは初めてです。

 荘厳さを汚すような気分で、
遠慮してきたつもりですが、
今回はいつもよりずっと多い観光客が
デジカメ普及のせいでしょうか、
パチパチやっていましたので、
この、天下の俗人もまた、
少し撮らせていただきました。

 フランスに旅する人にはかならず
『旅愁』を奨めてきました。

 1930年代にパリを訪ねた
日本人作家が、どんな感性で
旅を感じてきたのか、
この一冊(特に上巻)は、何度でも
読み返したい作品です。

クロワッサンの真実 [2011年06月26日(Sun)]


























 以下はいささか無責任な私の
意見と偏見、感想と空想、
分析と邪推の
中間のようなものである。

 パンのクロワッサンのことだ。

 今回の旅行に限らず、
ホテルのビュッフェ式朝食で
クロワッサンがあれば私は
たいてい取る。

 それが、なぜか、
ウィーンとの距離に比例して、
三日月形の曲りが
少なくなるという
気がしてならない。
上の写真がフランクフルトのホテル、
下が、パリのホテルでのものだ。

ウィキペディアによると、
「どちらの形状にするかは、
使用している油脂で習慣的に決まっており、
前者はバター、後者はマーガリンである。
フランスで一般的に見かけるのは
菱形のもので、
日本でよく見かける三日月型のものは、
フランスではスーパーマーケットなどで
販売される安価品の目印となる」と
夢も希望もない表現になっている。

帝国ホテルのシェフとして活躍した
村上信夫さんの
『おそうざいフランス料理』にも
書かれている話がある。

1683年に
トルコ軍の包囲に耐えたウィーン市民が、
トルコの国旗の三日月になぞらえた
クロワッサン(英語のクレッセント=三日月)を
焼き上げ解放を祝ったという伝承が
世界的に有名だ。

もっとも、ウィキペディアは
「これは事実に反する」と断定する。

曰く
「Oxford Companion to Foodの編集者だった
アラン・デイヴィッドソンによると、
20世紀初頭のフランスの料理本に
クロワッサンの調理法が現れたが、
それ以前のレシピは一切
発見されていないということである。

前記の伝承が広まったのは1938年に
Larousse Gastronomiqueの初版本を出版した
アルフレッド・ゴットシャルクによるところが
大きいという。

この本の中ではこの伝承に加え、
1686年にオーストリアハプスブルク家が
ブダペストをトルコ軍から奪回した時に
作られたのではないかという伝承を
紹介している」。

 まだこれだけの説明では、納得できない。

 トルコの国旗からという説にも、
いささか出来すぎという感が
しないでもないが、
どなたか真相を知る人が教えてくれることを
期待している。

 そうでないと、勝手に、
「ウィーン(またはトルコ)からの距離に
比例して
三日月形の曲りが
少なくなる」という説に
固執してしまいそうだ。
ドイツでのお笑い@ [2011年06月26日(Sun)]









 
フランクフルト市内のタクシーでのこと。
車はベンツ、服装もなかなか。ただし、
カーブでスピードを落とさない。

私「おい、もう少し丁寧に運転してくれよ」

運「はいはい、でもね旦那、わしゃこれでも
会社で2番目に優秀な運転手なんでっせ」

私「ほう、で1番目は?」

運「病気で入院中」

私「2番目は?」

運「ムショに入ってます」

私「あ、そこのカフェで止めてくれ」。

 運転手はイランの出身だとか。、
共生社会もなかなか難しそうだ。
| 次へ