CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
昭和天皇、安倍晋太郎、賀陽大使 [2011年06月08日(Wed)]
 


         


             賀陽治憲大使



 賀陽治憲氏(かや・はるのり)=
旧皇族、元外交官)元大使が、
6月5日午前8時35分、老衰のため
東京都稲城市の病院で死去されました。

84歳だったそうです。

賀陽さんは、戦後の1947年10月、
他の10宮家とともに皇籍離脱した
賀陽宮家の2代目当主恒憲氏(故人)の次男。

東京大法学部を卒業し、
50年4月に外務省に入省、
イスラエル、デンマーク、ブラジルの
各大使などを歴任されました。

今上天皇とは、
またいとこの関係にある方です。

私は大使とは、大使でいらした時代に
2、3度お目にかかっただけですが、
賀陽大使については
安倍晋太郎さん(安倍晋三元首相のご尊父)が
外相だった時代にこんな話を直接、
聞いたことがあります。

1995年の1月でしたでしょうか。

南部アフリカはザンビアの首都ルサカの
インタコンチネンタルホテルで
私は日本大使と3人で、
4時間半もお話しするという機会を
いただきました。

昔、木村俊夫外相がナイロビでの国際会議に
出席したことを除き、
現役の日本の外相として初めての
ブラック・アフリカ(サブサハラ)の訪問に
なることから、
「アフリカの飢餓」が叫ばれているこの時期にこそ
是非、行くべきだと強くお勧めし、
当時の三宅和助中近東アフリカ局長(今の
衆議院議員三宅雪子さんのお父上)も
賛同してくださり、積極的に進めてくださいました。

そんな経緯から、私も随員として
ご一緒させていただきました。

当時、私は難民を助ける会の代表幹事として、
「アフリカへ毛布をおくる会」(森繁久弥会長)の
実行委員長の任にあり、
三宅局長がその事務局長として
タッグマッチを組んでいました。

で、ザンビアに話を戻しますと、
時差に苦しむ大臣をよそに、
他の外務省からの随員のみなさん
(名前は忘れました?)は
久闊を叙すべく
麻雀その他にいそしみ、
大使と私に大臣を預けた格好に
なってしまったのです。

ところが大臣は時差で苦しみ、
眠れないから付き合えというので、
麻雀をしない私は
大臣用の特別室で、
焼酎を飲みながら3人で延々と
盛り上がっていたのです。

その中で出た忘れがたいエピソードを
もう時効ですからお伝えしましょう。

安倍さんが外相に就任早々のころだったと
聞きましたが、
天皇陛下に外交報告をしたそうです。

もちろん、昭和天皇です。こんなやりとりを
されたそうです。

陛下「ところで、カヤはどうしているかね?」

安倍「はぁ・・・?」

陛下「カヤだが?」

外相「はぁ、はぁ・・・???」

陛下「はぁ、じゃわからぬ」

安倍「はぁ・・・、
(小声で)確か小さな親切運動に
関係しておられるかと存じます」

陛下「?(外交官として
どこかに赴任したはずだが・・・)」。

引き下がって調べたところ、安倍さんは
賀陽治憲駐イスラエル特命全権大使(当時)と
茅誠司前東大学長とを混同したことに
気付いたのです。

「外交報告なんて初めてだし、これでも
陛下の前ではほかではありえない緊張を
するんだ。あれ以来、何度か奏上する機会はあったが、
なんどやっても緊張する。未だ
訂正する機会もない」。

私が昭和天皇をお見かけしたのは、
敗戦直後の地方巡幸の際、
秋田市西根小屋町を通られるのを
秋田女子師範学校の2階から覗いて
幼稚園の教師に叱られたとき
しかないようなものです。

長じてからは
明治百年の記念式典とかでしょうか、
直接お言葉を賜ったことなどは
もちろんありません。

賀陽治憲大使の訃報に接し、
畏れ多くも、このエピソードを
思い出してしまいました。
         合掌
松木けんこう衆院議員の言い分 [2011年06月08日(Wed)]






  松木けんこう衆院議員







 菅内閣不信任案に完全として賛成票を投じた
松木けんこう(謙公)衆院議員からのメールです。

 菅内閣には組閣早々からノーを突きつけてきた
小欄ですが、松木さんの勇気には
敬意を表します。

 みなさまにもその言い分をご高覧いただきたいのです。

    ☆☆☆  ★★★  ☆☆☆  ★★★

既にテレビ、新聞などでご存知のように、
私はこのたびの菅内閣不信任決議案をめぐる
一連の行動において、
自らの政治家としての信念に基づき、
菅総理の一日も早い退陣こそが
天下万民のためであるとの
固い決意から賛成票を投じました。

 その結果、民主党から除籍という処分を
受けることになりました。

 多くのご叱咤と激励を賜りましたが、
これまで、
「民主党の松木けんこう」を育てて下さった皆様に
ご心配をおかけし誠に申し訳ありません。

 心からお詫び申し上げます。

 マスコミでは、
小沢さんの私怨で政局になったとか、
私が小沢さんに言われてやったとかと
決め付ける人もいますが、
政治家はそれぞれの局面での政治的選択は
自分で決めるべきという
当然のことを無視して、
政治家を矮小化するような論調は残念です。

 鳩山前総理や小沢元代表、原口前総務相が、
前日の発言を翻して、
否決や欠席に回ったことについては、
多くのご批判もあるかも知れません。

 しかし、お三方それぞれを慕う中堅・若手の同志も
多数にのぼりますから、
同志を守るための
政治判断をされた上での行動だったと
私は見ています。

 お三方の行動のもつ意味も、
いずれ明らかになってくると信じていますから、
私はお三方の行動も支持しています。

 私は藤波孝生元官房長官の学生秘書として
政治の世界に19歳から足を踏み入れて
もう30年以上になり、
そして皆さんのご支援の下に
初当選から8年間、
国民の生活が第一との理念に基づく
国づくりを目標に議員活動に邁進してまいりました。

 その間、沢山の大政治家が自らの責任をとり、
国政の停滞を回避する姿を見てきました。

 たとえば、古い話になりますが自民党の
竹下総理は、野党の抵抗で
国会審議が行き詰まった際、
自らの退陣を野党に約束することで
国民生活に欠かせない予算の成立を
実現しました。

 そして、その目標が達成されると
約束通り退陣をしました。

 政策遂行のために、
時には身を捨てることは、
政治家、特に国のトップリーダーの使命であり、
私は「菅さんが嫌い」などという理由で、
退陣を求めているわけではありません。

 私は民主党のトップが、
総理の地位にしがみつくのに精一杯で、
行政の改革も震災後の対応も先送りするうちに、
経済も国民の暮らしもどんどん疲弊していく、
「政治空白」に等しい状況を
もたらしていることに、
本当に情けなく悲しい思いをしてきました。

 6月2日、内閣不信任決議案を採決する
本会議直前の代議士会において、
菅総理は、「震災の復興や原発事故の収束に
一定のめどがついたなら」との条件付きながら、
退陣する意向を示しました。

 東日本大震災の復旧復興は進まず、
福島原発の対応でも意思決定の遅さや
情報公開の不備が問題になっていますが、
あらゆる重要案件を先送りする菅総理が、
それでも代議士会において
退陣表明をされたことには
一定の評価はいたしました。

 しかし、それでも他の仲間の議員と違って、
あくまで不信任決議案に賛成票を投じたのは、
2009年の参議院議員選挙で大敗して以来、
私は一貫として菅総理はお辞めになった方がいいと
言い続けてきたからです。

 自ら、「国民に信を問う選挙だ」と言いながら、
負けてなお居座りを決め込まれ、
統一地方選挙でも
誰も責任をとることのない党の姿に
率直におかしいと思い続けて来ました。

 加えて、
政権交代に国民にお約束した2009年の
民主党マニフェストを、
党内の熟議が全くないまま
次々と反故にする変更について、
説明責任を果たすこともありませんでした。

 さらに、昨年9月の代表選挙で再選され
「一致団結」と言った翌日から、
小沢さんに近いとされる議員を党の役職、
大臣ポスト、国会の要の役職、
重要委員会の予算委員会などから外すという、
党を分断するような排除の論理での党運営を
続けてこられました。

 そして、なによりも日本の農林水産業をどうするか
という配慮も無しに、
唐突に言い出したTPPへの参加の表明には
ほんとうに愕然とし、
それにこだわる総理のもとでは、
私は農林水産大臣政務官として
この内閣を支えることはできないと、
政務官の職を辞せざるを得なくなったことは
ご案内のとおりでした。

 党代表としての責任も取らない人、
党内の約束も、
国民への約束も平気で反故にする人に、
日本国1億2000万人の命を預かる首相の
重責を託すことができるでしょうか。

 ただただ総理の座に居続けたいために、
その場しのぎの言い訳を繰り返し
恥じることのない、そんな信念なき総理を
支持することに、
私はこれ以上耐えられませんでした。

 国民が期待した改革は一向に進まず、
全てのツケを国民に押し付けようとしていることに、
政権交代によって目指してきた
政治の理想と乖離する現実に、
この間私は耐え難い憂いの思いを
募らせるばかりでした。

 その証左として、不信任案の否決後すぐに
菅政権は復興に名を借りた
消費税の10%増税を2015年までに実現するとの
調整に入りました。

 これは、統一地方選挙のさなかに、
菅総理肝いりで作った復興会議の座長が、
復興を口実にした
消費税の大幅増税の方針を打ち出し、
民主党はまたしても敗北を喫しましたが、
この流れの延長上にあります。

 これは明らかに、大
震災で大きなダメージを受けた
日本経済を殺してしまいかねない
大愚策と断じざるを得ません。

 大震災のダメージから何とか再起しようと
懸命に歯を食いしばって
復旧活動を続ける被災地の皆さんに
さらなる負担を背負わせ、
被災地を支援する全国の経済活動をも
収縮させることが明らかな増税策など、
到底認めることはできません。

 財務省主導の「財政再建」という
錦の御旗を掲げるばかりの菅首相には
即刻退陣していただき、あくまで
国の仕組みを
根本的に変えることをベースにして、
埋蔵金や国債発行で財源を確保する
「増税なき復興」を実現させなければ、
国の進路を誤るという危惧は深まるばかりです。

 菅総理はご自分が総理でいるためなら
党を壊すことなど何とも思わないし、
国を壊しても、国民を犠牲にしても
平気な方なのだという思いは
揺るぎないものになりました。

 私が国政を目指したのは、
国民の皆様が安心して暮らせる社会をつくり、
次代を担う子どもたちのために
明るい未来を築きたいと思ったからです。

 政治家は、
国民の暮らしを支える土台となる
社会や経済の仕組みを作っていくのが
最大の仕事です。

 社会や経済の仕組みが公正、公平で、
強固なものであればこそ、
その土台の上に、
国民一人ひとりが思い思いの幸せを築くことが
できるようになると思っています。

 民主党はそのことを目指して
歩んできた政党であり、
だからこそ政権交代によって
政治主導の国づくりを前進させようとしてきた
はずなのに、
菅内閣で進められていることは
本来の民主党の理念と理想から
遠ざかっていくばかりで、
いったいこんなことのために私たちは
戦ってきたのかとの忸怩たる思いと、
国民の皆さんの期待
をつなぎとめることができない悔しさを
噛み締める今日であり、
国民生活の土台づくりをおろそかにして、
それを蝕んででも己の保身を
図ろうとするような人をやはり
総理に戴くわけには参りません。

 日本は今、最大の危機の下にあります。

 一刻も早く、与野党一致のもとに
復興のための諸政策を実行し
ていかなくてはなりません。

 私はその思いもとに、
ここで一人くらい与党議員として
しっかりと菅総理にNO!を
突きつけなくては、
政務官を辞したことや、
マスコミの前で不信任に賛成することを
公言してきたこと、そして
多くの同志の皆さんに
その意とするところを
お願いしてきた立場として
筋が通らなくなると思いました。

 テレビでも報じられていましたが、
私を心配してくださる仲間が何度も
慰留をしてくださるのを振り切って、
政治家としての信念に愚直であろうと
今回の行動となりました。

 結局は民主党からの除籍となり、
今後の政治活動において茨の道が
予想されますが、
私は今明鏡止水の心境でいます。

 今あえて民主党に何か望むとすれば、
私の除籍処分に際して見せてくれた
迅速な意思決定と実行、
これを被災者の救援や震災復興、
原発事故の対応に発揮して欲しいと思います。

 誠に勝手なことばかりを申し上げますが、
私の意とすることをご理解賜われば
こんなありがたいことはございません。

「自ら顧みてなおくんば千万人とも雖も
我行かん」の気持ちです。これからも
国民のみなさんのお役に立てるように、
私は私のできることを
やってまいりたいと思っております。

 どうか皆様方のご支援、ご鞭撻を
よろしくお願い申し上げます。

 最後までお読みくださいまして
ありがとうございました。

        衆議院議員 松木けんこう
| 次へ