CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
被災地に楽器が届きました [2011年06月03日(Fri)]










 5月20日に、
「被災地出身の演奏家の祈りに応える
チャリティコンサート<故郷>」を実施して14日目の
6月3日、被災した5つの学校に
総額約2千万円相当の吹奏楽の楽器を
届けることができました。

お届けしたのは、
岩手県釜石市立釜石東中学校、
岩手県陸前高田市高田小学校、
岩手県立高田高等学校
宮城県石巻市立渡波(わたのは)中学校
  同       湊中学校
です。

 それぞれの学校からうれしさいっぱいの声で、
「楽器が届きました」と報告の電話がありました。

 6日の10時から、釜石東中学校で
このコンサートの実行委員長である私と
ほか2名の実行委員が出席して
楽器の正式な受け渡しセレモニーを
行います。

 この費用は、コンサートの純益をベースに
皆様からのご寄附を合わせてのものです。

 特に高額のご寄附をくださったのは、
舞鶴在住の陶芸家・高井晴美さんや
テノール歌手・青木純さん、
そしてイメージニクス、サンキョーの2社で
近く、セガサミーホールディングスからの
特別のご寄附も決定しています。

発注先は、
メンテナンスとアフターケアを考慮し、
かつ、地元復興支援の視点から、
被災地の楽器店(罹災した店もあり)で、
各学校に納品実績のある楽器店にお願いしました。
盛岡の伊藤楽器店、安倍楽器店、
石巻の三立楽器店から、5校に
納品したものです。

また、ヤマハ楽器からは特段のご協力を
いただきました。

コンサートに皆様からの善意をお寄せいただいてから
2週間で、それを形にして、5つの学校の吹奏楽部を
復活できたことは、最高のよろこびです。

皆様のご協力、ほんとうにありがとうございました。

このあと、実行委員会の事務局である
社会福祉法人さぽうと21では
さらに募金を続け、第2次楽器支援を
行う予定です。

1日も早く、被災した地域に、児童生徒の奏でる明るい音色が
響き渡ることを祈念します。

ご寄附は、下記にお願いいたします。

銀行口座 三井住友銀行目黒支店(普)851872
口座名 社会福祉法人さぽうと21
       理事長 吹浦忠正




民主党政権の実像 [2011年06月03日(Fri)]







 敬称はあえてつけずに書く。これから書く人物を
尊敬できないからだ。

  菅のズルさ、鳩山のおぼっちゃまぶり、
小沢の腐りきった姿、
実直さだけの岡田
そして自分では何も決められない大多数の陣笠たちが
目立った2日間だった。

 密室で首相への賛否を決めた民主党、
菅さんにしてやられるだけの反菅側、
この非常時に
弱体の日本の政権では何もできまい。

 被災民ならずとも、
これでどうやって外交ができるのか?

 メドをはっきりさせないためには、
原発が収まらないほうがいいのではないか、菅さんは?

 本能的に政権に執着する醜さだけが
目立った不機嫌な1日が終わろうとしている。

 個人的にはいい日だったのになぁ。

 あすは静岡に、明後日は陸前高田、大船渡、
遠野へ、月曜は石巻・・・

 永田町のみっともなさを振り返らないようにしないと、
レンタカーの運転もふらついたり、どんでんがえししたり、
危ないかも。

               
フランスで100本のトランペット合同演奏 [2011年06月03日(Fri)]










「ボーヴェの
サンピール大聖堂で6月18日(土)、
午後8時30分から
100本のトランペット演奏会」
「出演は国際的なソリスト杉木峯夫、
指揮とトランペット演奏エリック・オーヴィエ、
オルガン演奏レオニード・カレーヴ」。

この100本のトランペットのうち、実は、
25本は日本から参加するのです。

私は一行の団長として同行します。

ボーヴェはパリ中心部から
約40キロ北上したところ。

未完成といわれる大聖堂の天上が
高いことで有名です。

きっとトランペットが最高に
鳴り響くのではないでしょうか。

エリック・オーヴィエはいわずと知れた
世界的なトランペット奏者
モーリス・アンドレ門下の
いまや押しも押されもせぬ名手とされる演奏家。

昨年9月1日、サントリーホールに
秋篠宮ご夫妻をお招きして、
難民を助ける会の主催による
「1+100あらため235本のトランペットによる
チャリティ・コンサート」を開催したとき、
主演はエリック・オーヴィエ、
そして本当に舞台に超満員という235人が
出演したのです。

杉木先生はそのとき、
コンサートマスター、指導者、通訳、
解説者・・・を
一人で務められました。

舞台に上がった中には、
N響の首席トランペット奏者もいれば、
9歳の少年も参加しました。

実は、これはその前年、オーヴィエがアミアンで
開催した「1+100本の・・・」を
日本でもと考えてやったことですが、
今度は、では合同でやろうという
仕儀になったのです。

日本側は11歳から79歳まで、
既に東京藝大で練習を行っています。

また、今、手続きで苦戦していますが、
パリ市内で野外演奏・東日本大震災のための
街頭募金をしようと、パリの警視庁と
折衝しています。

ボーヴェで、パリで
新しい形の日仏交流になるよう
やってみます。
菅無責任、鳩山無定見、小沢無能力 [2011年06月03日(Fri)]












 菅さんのしたたかさで、
お坊ちゃんはあっさりひねられ、
いかった小沢さんは
欠席が精いっぱい。

 会期延長で通年国会となり、
一時不再議で不信任案は出せなくなり、
原発がぐずついているかの情報を握る菅さんは
「容易な事態ではない」「めどがたたない」
といえば、続投できる。

そんな結末になるとは、
永田町の面々も読めなかった。

無責任な菅、無定見の鳩山、今や無能力となった小沢・・・
菅さんに騙された鳩山さん、
どう政治的立場を回復できるのですか?

6日の晩、音羽御殿でばらを見る会にお招きをいただいたが、
到底、行く気にはなれない。

菅さんは感じわるーっ、鳩山さんは勘違い、
小沢さんは一巻の終わりか…

かくなるうえは、菅さんをどうレームダック化
させ、政権への執着心を断つしかない。

参議院のがんばりどころでもある。

| 次へ