CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年08月 | Main | 2009年10月»
<< 2009年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
枝豆の突然変異? [2009年09月20日(Sun)]







「笹塚駅近くで紫色の枝豆発見!

花はどうみても豆の花です。
名前はわかりませんが、
初めてみました。
よく見かける植物でしょうか?」

 わが歌仲間、もとい、
尊敬する声楽家のY先生から、
こんな写真が送られてきました。

 浅学非才にして経験不足の小欄は、
70年近くも人間をやってて、
こんな豆は見たことがないのです。

 枝豆、コンニャク、タコを食するために
人生があると思っているほど
熱心な枝豆ファンでありながら、
これはなんとなんと、見たことも
聞いたこともありません。

 どなたかぜひ、解説してください。
 
古代世界の旗 [2009年09月20日(Sun)]











古代の旗は中国で最も発達したが、他の文明の発祥地や
ギリシャ、ローマではどうだったか。
拙著『日の丸を科学する』(自由国民社)
『日の丸の履歴書』(文藝芸春秋社)などを参考に、
見てみたい。

 確認されている最古の旗は、
紀元前3000年以上も前の古代エジプト時代のものとされる。

単純な飾り模様だったり、ファルコン像を頂いた
飾り棒(スタンダード)であった。また、アッシリアが1頭の雄牛や
2頭の雄牛がしっぽで繋がっている様子を描いた円板のしるしだった。

 インドでも古代インド(紀元前4,5世紀に成立か)の
宗教的、哲学的、神話的叙事詩であり、
ヒンドゥー教の聖典とされる『マハバラータ』に
動物を描いた旗があったことを示す記述がある。

 ギリシャの都市国家でもアテネがフクロウ、コリントが天馬、
ビオティアが雄牛、テーベがスフィンクスなど
それぞれのシンボルを決めていた。

 ナポリの国立考古博物館には
中部イタリアで勇猛果敢な部族として知られたサムニウム人が
軍旗を掲げている様子を描いた石がある。

ナポリ西方のサレルノ湾に添った古代都市パエストウムの遺跡から
掘り出されたものだ。
それは兵士の捧げる竿に吹き流しと
4つに仕切られた赤い旗からなる縁の付いた旗である。

『大百科事典』には極彩色の写真が出ている。
完成された形態の旗が紀元前4世紀に存在していたということだ。
 
ローマでは当初はどの部隊も干し
草の束をさまざまな形に結んだりして竿の先端に付け、
目印にしていた。その後は、皇帝の肖像画、
メダル、王冠、オオカミ、半牛半人、馬、猪などを
旗印にする部隊もあった。

これを統一し、部隊間の無用の競争や反目を防ぐべく、
BC140年にコンスルに就任した
ガイウス・マリウス将軍(BC157〜86)がワシを
正式にローマの標識として採用した。

無産市民を武装させて初の職業軍人を出現させたり、
編成や装備の面でも独創的な大改革をしたことでも
知られている人物である。

 ローマ帝国のキリスト教化が進むにつれ旗は
宗教上の目的をもって使用されるようになった。

ローマの騎兵隊が用いたのは、
ヴェクシルム vexilum という、竿の先に
十字架のように横棒を取付け、そこに縁取りした赤い正方形の布を
たらしたもので、そこに軍団の名や絵を描いたものである。

313年の「ミラノ勅令」で
キリスト教を公認したことで知られるコンスタンチヌス帝(272〜337)が
キリスト教に帰依してから、その旗に
キリスト教シンボルである十字架を描いて各地に立てた。

これが西洋での最初の布製の旗とされる。
| 次へ