CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年03月 | Main | 2007年05月»
<< 2007年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
死刑執行の可否 [2007年04月28日(Sat)]



     合  掌



 長勢法務大臣が3人の死刑囚に対する死刑執行命令書に署名をし、刑が執行された。前任の杉浦法相は署名せずだったし、確かその前の南野(のうの)法相は「自分は助産婦であり、誕生の仕事をしてきたから死刑執行は嫌だ」とかいいながらも、「法がある以上は」と何人かの執行を決めたのではなかったか。

 私は長勢法相の態度に賛成だ。「国会会期中にもかかわらず」という声もあるようだが、立法、司法、行政はそれぞれ独自に判断していい。

 公権力が人命を奪うということについては多いに慎重であるべきだ。しかし、だからといって、法治国家であり、死刑は合憲の処刑法であり、これによって犯罪の防止もなしうる。米国でも死刑を廃止した州のほうが殺人事件が多いという統計もある。

 むしろ、大臣の交代によって「人命が左右」されるというのが、むしろ、法治国家ではあってはならないことなのではないか。

 これで残る死刑囚は99人。国民感情から言って、中国についていわれているようにワイロで減刑されたり、腎臓を提供すれば死刑を免れるとか、そうしたことをしなければ即死刑を執行するというのはもちろんあってはならないが、これほどの数の死刑囚を、膨大な予算と世話で抱えていると言うのも、どうかと思う。

 長勢法相の判断については、今後の議論を注目したい。
台湾の聖火拒否は残念 [2007年04月28日(Sat)]






「聖火リレー」について、台湾の態度はいかがなものか。

 北京五輪の聖火が、アテネから北京に送られ、そこから、ピョンヤン、ホーチミンを経て、台北、香港・・・と進むことに台湾が、これは中国が台湾を国内扱いすることであるから、それなら拒否すると声明を出した。

 私にはいささか解せない。「北京から台北に来てまた上海に戻る」とでもいうなら話は別だが、ホーチミンはベトナムだし、香港は中国とは別のNOC(オリンピック委員会)のあるところではないか。

 台湾が狭量すぎる。私は北京五輪組織委員会の提案に賛成だ。台湾が過剰に政治を意識して少々あせっているとしか思えない。
ロストロさん逝く [2007年04月28日(Sat)]




  

 今年3月、モスクワで80歳の誕生日を迎えたときのロストロポーヴィッチ氏。(産経新聞より)





 ムスティスラフ・ロストロポーヴィッチ氏が27日、モスクワの病院で亡くなった。享年80歳。まずもってご冥福を祈る。

 2000年2月12日、錦糸町のすみだホールで、難民を助ける会(相馬雪香会長)がチャリティ・コンサートを主催したときに、私は責任者だったので、当時、「スラーーヴァ」「タディ」と呼び合う親しいお付き合いをさせていただいた。

 そのときのコンサートは、チェチェン難民に毛布などをおくることを目的に開催されたもので、ロストロさんがチェロ、小澤征爾さん指揮の新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏で、「ドンキホーテ」(リヒアルト・シュトラウス)や「チェロ協奏曲」(ドヴォルザーク)といった曲目だった。

 会場には、折から日露外相会談のため来日していたイワノフ外相が河野洋平外相とともに出席、橋本龍太郎元首相にもお越しいただいた。イワノフ氏は1970年代、世界経済国際研究所のイノゼムツェフ所長のかばん持ちだった。73年から、わが師匠の末次一郎が安全保障問題研究会を率いて日露専門家会議を始めた当時、同じかばん持ち同士で知り合っていたので、懇親会で旧交を温めた。

 入場券は5時間で完売、関係方面の支援もいただいて、純益は2600万円にもなった。

 問題は税金である。スラーヴァ、小澤さんと話し合った結果、「難民を助ける会は正規にすべての出演者に出演料を支払う。但し、お二人は全額を難民を助ける会に寄付する」という形にし、日本の税制に風穴を空け、今後、志ある演奏家がチャリティに協力しやすくしようということで、私と3人で記者会見をした。新聞にも大きく取り上げられた。

 その後、紆余曲折があり、事実上、これが達成された形になったが、これにはお二人の影響力が抜群であること、収益がすべて即刻、国際救援・支援活動に使われたことによる。

 純益の一部の使用につき、スラーヴァから希望が出された。「ロシアでは今、演奏家がみな困っている。何かしてあげられないか」というのだ。

 その結果、私たちはサハリンの州都ユジノサハリンスクのチェホフ記念国立劇場にヤマハのコンサートピアノを贈った。そして、我孫子の女性コーラスグループ「めばえ」(酒井玲子リーダー)と桐朋音大をトップで出たピアニストの西本梨江さん(2007年8月31日、浜離宮ホ−ルでリサイタルを予定)と、同じく東京芸大をトップで出た(安宅賞受賞者)チェリストの丸山朋文くんとともにサハリンに行き、同劇場のピアノ披露記念コンサートを行なった。サハリン側からも同地の芸術家たちが出演し、すばらしい友好の一夕を共にすることが出来た。

 チェチェンの関係では、堀江良彰(のぶてる)難民を助ける会事務局次長(現・事務局長)を隣接地域に派遣し、毛布や医薬品、生理用品の配布などなどさまざまな救援活動を行なった。

 ロストロさんはまさに「巨匠」という名にふさわしい音楽家であり、小澤さんに言わせれば「音楽の兵士」だそうだ。91年8月の保守派による「クーデター騒ぎ」のときにはエリツィンらとともにロシア共和国の庁舎(通称ホワイトハウス)に籠もって、自由と民主主義のために闘ったこともあるし、それ以前のソ連時代には、反体制派の象徴的人物であったソルジェニーツィンを自分の別荘にかくまったりして支援し、1978年にはソ連の市民権を剥奪されると言うことにまでなった。

 親日家ぶりも印象に残る。ホテルの部屋には「とらや」の羊羹が欠かせなかった。これをナイフフォークで、まるでステーキを食べるように召し上がる

 同じような人にもう一人出会ったことがある。ソ連を崩壊させたときのロシアの国務相ブルブリス氏を招聘したときだ。彼を銀座の天国に案内したとき、斜め前の「とらや」から羊羹を取り寄せ、デザート代わりにしたら、「てんぷらより美味い」とばかり、同じくナイフ、フォークで一本食べてしまった。

「巨匠逝く」「巨星落つ」の感、誠に淋しいが、きょうはせめてあの人のCDを聞いて追悼したい。
       合掌
| 次へ