CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«数字で見る中国からの「人口圧」 | Main | 日本の持つ対北朝鮮カード»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ロシア大使館員たちと伊豆歴史の旅へ [2013年03月04日(Mon)]
P2160069.JPG

プチャーチン来航の絵図


「日ロ友好フォーラム」の企画として「ロシア大使館員と行く伊豆歴史探索ツアー」が2月16,17の両日、1泊2日の日程で実施された。当初はアファナシェフ大使ご夫妻も参加の予定で歴史の勉強等をしておられたようだが、直前になって、シベリアの要人が来訪するということでキャンセルとなり、ビノグラードフ・ロシア連邦交流庁駐日代表部長や同大使の令息・令嬢など7人が参加。日本側からは日ロ協会、日ロ交流協会、日本対外文化協会、そしてユーラシア21研究所などから計40名を超える関係者が参加した。

好天に恵まれた一行は16日午前8時45分に、狸穴のロシア大使館前に集合し、2台のバスで、伊豆の国市の韮山反射炉で望月市長に迎えられ、その後、沼津市戸田(へだ)の宝泉寺(プチャーチン提督の宿舎)や戸田造船郷土資料博物館を訪問、西海岸を南下して下田に入った。下田では楠山市長らとともに懇親会を開催、郷土芸能や筝曲の演奏を楽しんだ。

翌日は、玉泉寺や長楽寺など、1855年の日魯通好条約の締結やアメリカのハリス領事ゆかりの地を訪問し、咲き始めたばかりではあったが、河津桜まつりにて春を感じることもできた。

参加者は2日間の交流で、日ロ両国関係の原点を知り、認識を新たに交流を深めた。ユーラシア21研究所からは、私のほか大貫康雄理事(元NHK欧州総局長)、袴田茂樹監事(新潟県立大学教授)、柴田事務局長など10名が参加した。
コメントする
コメント
ご愛読ありがとうございます。国旗の変更を知りましたら、小欄でご紹介します。皆様もそういう情報がありましたら、お聞かせください。
Posted by: 吹浦忠正  at 2013年04月10日(Wed) 23:24

わあ、そうなんですか
ありがとうございます

なんとなく、外務省のホームページに「国旗が変わりました」みたいな告知があったりするのかなー、とか考えてましたが、そこまではしてくれないですよね〜

こんど、どこかで国旗が変わった時には教えてくださいませ!
Posted by: ささき  at 2013年04月03日(Wed) 09:28

国際情勢に関するさまざまな観察を基本に、ある程度予想できます。特に、「アラブの春」のようにクーデターが起きた時とか、憲法の改正とか、独裁者の人気凋落といった動きがあり、政治の不安定なところについては目配りをしております。経験と勘と言ってしまえばそれまでですが、それでもしばしば見落とします。
みなさまからの情報もありがたいです。
Posted by: 吹浦忠正  at 2013年03月30日(Sat) 21:39

ご教示ありがとうございます。
Posted by: 吹浦忠正  at 2013年03月13日(Wed) 11:03

掲載の絵図は正確にいうとヘダ号の進水式の絵図です。
 プチャーチンが乗ってきたディアナ号が下田で大津波に遭い破損し、修理のため戸田へ曳航中沈没しました。戸田でロシアの船大工と戸田の船大工でロシアへ帰るための船を建造したのです。
 
Posted by: 日景 洋一  at 2013年03月13日(Wed) 09:22