CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«被災地で真打共演 | Main | 世界中を東西南北海にしないのは常識です»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
B型の献血なぜ余る [2012年06月29日(Fri)]

060608_1137~01.jpg


私の信頼する中堅看護師さんから、こんなメールが来ました。
確かに献血ルームにはしばしば、B型は足りていると表示されていますね。
なぜでしょうか?

私はあまり血液型のことは気にしなかったのですが、あるとき、8人でヨーロッパにテレビ番組を作成に行き、内、5人がB型で、毎晩、大変だったことを覚えています。

私自身B型ですし、献血運動には1961年から日本赤十字献血学生連盟会長としてかかわり、いまも、献血供給事業団の役員をしていますが、血液型と、献血の意欲がそんなにもストレートに反映されているとは知りませんでした。

みなさま、いかがですか?


   ☆☆☆  ★★★  ☆☆☆  ★★★

 先日献血に行きました。もう、91回目の提供になります。
そこで(有楽町の献血ルーム)職員の方に「B型の血液は、いつも他の血液型より充足しているのはなぜですか」と聞いてみました。

 すると、「B型の血液は使用される量も少し少ないが、それよりも協力的なのです。街頭で呼び込みや声をかけなくても、献血に来て下さるんです。昔から不思議なんですよね」とのことでした。

 ということは、B型の人間は社会貢献する人々?ボランティア精神の持ち主?ということでしょうか?少し嬉しくなりました

 なかなか「ボランティア精神が高いor低い」を検証することは難しい気がしますがいろいろ調べてみたいと思いました。
 
コメントする
コメント
私がB型であるのはいままでほとんど当たらなかった人がいないくらい典型的なようです。
本人は内気のつもりですが、外交的と言われるし、積極的と言われます。たしかに1961年から献血運動を熱心にしていましたから、B型はそういうタイプなのでしょうか。
むしろ、需要の面から、B型は輸血を必要とする人が少ない、みな健康だというような集計はないのでしょうか。
そんな楽天的なところがB型といわれるゆえんか、嗚呼。
Posted by: 吹浦忠正  at 2012年07月03日(Tue) 21:38

初めて知りました。

なるほど なるほど 納得です。

私も過去に10数回やっておりますが、でも(A型)です。

ともあれ、B型の孫娘と来たら、しょっちゅう行ってます。若いのにやり過ぎかと思いますが、黙っていくので後で記念品みたいのが見つかって、驚かされます。

止めたら?と言っても聞きません。なるほどBだからですね。それとも私の遺伝かな?。 AからBに遺伝するものなのでしょうか。悩ましいところです。
Posted by: 伊東美智子  at 2012年06月30日(Sat) 19:05