CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«富山のカタクリ | Main | 「交響曲」は森鴎外の訳(やく)»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
米澤傑も出演、サントリーホールで9月 [2012年04月30日(Mon)]


yonezawa2.jpg

   米澤傑のCD


Yonezawa.jpg

     米澤傑教授


 日本病理医フィルハーモニーの第一回演奏会が
横浜みなとみらいホール・大ホールで開催された。
率直に言って、演奏にはまだまだの部分も少なくなかったが、
全国や病院や研究施設からの寄せ集めで、ここまでというのには感心した。

 一流といわれる出演者は、鹿児島大学医学部教授(病理学)兼テナー歌手
という二足のわらじを履く米澤 傑(すぐる)。

ご一緒した専門家である中野 雄先生が推薦するだけの魅力的な歌い手だった。

その米澤のほかソプラノの澤畑恵美、メゾの林美智子、バリトンの河野克典をソリストに、
モーツアルトのレクイエムを演奏するチャリティ・コンサートを、
難民を助ける会は9月13日(木)19時からサントリーホールで開催する。
米澤の演奏はこれまでCDで聴いたことしかないので、
是非と思い、横浜に出かけたのだった。
 
9月のこのコンサート「忘れないで3.11」はロレックスの特別協賛で開催されるもので、
ほかに、今や世界的巨匠とされるヴィオラの今井信子、欧州で活躍するバイオリンの岩田恵子
の出演でモーツアルトの「ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲」と
「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲」も演奏する。
 
有名人ゆえ、敬称略にしましたが、すごい豪華メンバーでしょう?!

杉山洋一指揮、合唱指揮は辻 秀幸、オーケストラは「忘れないで3.11」シンフォニエッタ。

詳しくは、認定NPO法人難民を助ける会のHPまたは電話で、03−5423−4511へ。
昨日は米澤によるアリアが5曲あり、感想は「ああ、医者にしておくのはもったいない歌手」だった。
みなさん、是非、9月に、サントリーホールにお越しください。
絶対におトクなコンサートです。

全席指定5,530円。この入場料、演奏会の当日が震災から553日目にあたることからの設定。
ご理解とご協力をお願いします。
学生用のP席は2,000円。


コメントする
コメント