CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鼓童が東日本大震災チャリティ、サントリーホールで太鼓の共演 | Main | 米澤傑も出演、サントリーホールで9月»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
富山のカタクリ [2012年04月27日(Fri)]


DSC00207.JPG






DSC00185.JPG





 私には私よりだいぶ人生経験の豊かなメルトモがいます。富山県在住のI.美智子さん。残念ながら、まだおめにかかってはおりません。

 先般は大腿骨をいためて大きな手術をなさったとか、それでも意気軒昂、今度の選挙ではまた、わが畏友・宮腰光廣衆院議員の当選を期して、剛腕を発揮することでしょう。

 その一方で、実に配慮の行き届く季節のたよりなどを送ってくださるのです。持つべきものは佳き友です。

      ☆☆☆  ★★★  ☆☆☆  ★★★


 富山はいま、かなりの強風が吹いております。
 小沢無罪の判決にすっかりクサッております。野田の変な強気と、自民党のみっともない混乱、もう、何を考えるのも嫌になるのですが、痛めた足だけは確実に力が付いてくる不思議。
 
 火曜日(26日)弟に誘われて、山歩きをしてきました。カタクリの花が見たかったからです。

 そこは、かなり広い崖の斜面なのですが、誰も来ない静かな場所で、息を呑むような見事なカタクリの群生地なのです。キクザキイチゲやショウジョウバカマもあるのですが、今年の春は少し変則的で見事にカタクリばかり咲いていました。

 ショウジョウバカマは他の場所で一本だけ見つけました。キブシとゼンマイの株立ちも見ました。フキノトウは茎が30センチくらいに伸びていましたので、これを収穫、花や葉を除くとやわらかな蕗のようになりますから、出汁を効かせて煮物に、葉わさびは香りと辛さを楽しむのに漬物、つくしは、もう、2回ほど調理して懲りたから止めて、アサツキ(浅葱)は細い新芽を(とっても、始末が面倒くさい)これも息子のために摘みました。

 山あいの池に合鴨を飼っている人がいて、しばらく見物いたしました。

 呆然と何も考えずに春の山の空気を堪能いたしました。
 政界は更に混迷の度を増し、庶民は置いてけぼりです。

 せめて、春の息吹を感じてくださいませ。

 白花のエンレイソウはわが家の中庭に咲いています。

 ごきげんよう。


コメントする
コメント