CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«中曽根元首相の右腕・小林克己さんを偲ぶ会 | Main | 台湾の馮寄台代表に言葉をかけられる天皇陛下»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
一兵士の愚行が [2012年04月20日(Fri)]



life1.jpg






平時でも人間はいろいろ愚行を犯す。
ゆえに人間だとさえいえるのかもしれない。

それにしても、ほんの一人のお粗末さが
大きな問題に発展することもしばしばある。

この衝撃的な写真は戦時中、米誌「LIFE」に掲載され、
日本軍の捕虜取り扱いの残酷さとともに、後方に
それを見て笑っている兵がいることが大きな問題となった。
場所はニューギニア、殺害されたのはオーストラリアの飛行兵だった捕虜。

ところが、4月19日の産経新聞の報道によれば、
<米紙ロサンゼルス・タイムズ『電子版』は18日、
アフガニスタン駐留米兵らが
2010年に自爆した武装勢力メンバーの遺体のそばで
笑顔をみせるなどした写真を撮影していたと報じた。
今年1月には海兵隊員がタリバン兵とみられる遺体に
小便をかける映像がインターネットに流出。
2月には基地内でコーラン焼却事件があり、
3月には民間人17人が犠牲になった銃乱射事件が起きたばかりで、
アフガン国民の駐留米兵への反発が一層強まる可能性がある>。

こういうことが、70年も経ってまだ起こっていることが悲しい。
熊谷直実の話が、おそらく今のNHK大河ドラマ
「平 清盛」にもでてくるのであろうが、
人類は進歩しているのだろうかと、情けなくなる。

日本人は緊張する場面で微笑するという傾向があると、
一般論を言った心理学者がいる。
それはとんだ誤解を外国人には与えてしまうことになる危険性が
あるということを、お互いに注意したいものだ。
コメントする
コメント
学識と省察に満ちたコメントを皆様からいただき、
ありがとうございます。
人間の未完なることの証左のように思います。

20年ほど前だったかと思いますが、
新潮選書で『捕虜の文明史』というのを
上梓しました。アマゾンでしか入手できないかとは思いますが、
古代からの捕虜の取り扱いについて
私なりに分析したものです。

人間は未完ですが、それでも進化することを
捕虜の取り扱いを通じて考査したつもりです。

 かさねて貴重なコメントに感謝します。
Posted by: 吹浦 忠正  at 2012年04月21日(Sat) 16:00

戦争中のことはよくわかりませんが、人間が人間でいられなくなるのが「戦場」というものなのだろうと思っています。

ジャン・ポール・ベルモンド主演の『ダンケルク』でしたか、大陸から撤退しようとする英軍兵士たちが黙々と行進して行く。その上を独軍の戦闘機が飛び交って機銃掃射を浴びせて行く。何の理由でだったか忘れましたが、その戦闘機のうちの1機が操縦不能になり、パイロットがパラシュートで脱出して英軍兵士たちの上にゆっくり降下して来る。指揮を執っていた英軍将校が「殺すな、捕虜にする」と叫ぶのですが、それまで良いように機銃掃射を浴びせられていた兵士たちは、その叫びを無視して黙々と銃を構え、逃げようのないパイロットを蜂の巣にしてしまいます。
惨いことです。でも、これは兵士たちを責められないと思いました。

生命の心配のない時代や場所から戦場での愚行や残虐行為を批判するのは難しいことではありませんが、生命の危機に曝され、知性や理性をはぎ取られて、「死にたくない」「他人を突き飛ばしてでも生き延びたい」という本能がむき出しになるのが戦場というものなのでしょう。
そのような状況下に国民を置かないことが政治家の使命だと思うのですが、威勢は知性や理性よりしばしば重いようで。

掲載の写真には、愚行であるか否かを問う前に、死刑とは報復か、処罰か、見せしめか、という問題点が集約されているような気がいたします。
Posted by: 桃です  at 2012年04月21日(Sat) 05:22