CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«休眠預金の善用制度を急ぐべし | Main | 講演も声楽も中身とともに姿勢が肝要»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アジアからの難民の日本定住の希望者が少ない現実 [2012年03月30日(Fri)]

120329_090026.jpg


3月26日付朝日新聞朝刊はミャンマーからの難民受け入れについて、日本はこれでいいのか考えさせられる記事だ。

    ☆★∴∵★☆∵∴☆★∴∵★☆

 タイの難民キャンプに住むミャンマー人を受け入れる日本政府の「第三国定住制度」が2013年度以降の受け入れも継続されることになった。10年度から3年間としていた試行期間を延長するもので、来日希望者が年々減っていることから、募集対象のキャンプは三つに増える。

 同制度で日本が受け入れたのは過去2年間で、タイ北西部ターク県のメラ難民キャンプから9家族45人。12年度の来日希望者は2家族10人で、当初の目安だった年間30人を下回っている。

 対象はメラキャンプだけから、同県にあるウンピアムマイ(1万7千人)、ヌポ(1万5千人)のキャンプにも広げる。12年度の来日希望者の追加募集を両キャンプで実施する。

 総務省や警察庁など関係省庁から「すでに国内にいる外国人支援を優先すべきだ」などと慎重な意見もあり、本格実施ではなく、試行期間の延長という形をとる。政府関係者は「30人という受け入れ目安はほとんど変わらない」と話す。

  ☆★∴∵★☆∵∴☆★∴∵★☆

確かに、ミャンマー情勢は急速に民主化に向かっている。しかし、この記事の内容が示す結論は、日本がミャンマーの人たちに必ずしも信頼されていないということだ。

私たちがもう少し考えなくてはならないのは、実際に定住を認められた難民が決して、十分な支援を受けて新しい国・日本で幸せにしているとは言い難い面があるということである。

ほかにも、心を許して相談できる人がいない、同胞とはいえ互いに宗教が違うことからうまく行かない、あまりに都会から遠い場所に定住させられ楽しみがない、自らの教育に対する基本的な意識と高学歴社会である日本の教育事情と違いすぎる、ミャンマー人社会がない、母国語で話す相手がいない・・・

朝日新聞の藤崎記者のように、カレン族の鈴鹿市での定住をきちんとフォロ−しているジャーナリストはほかにほとんどいない。政府や受け入れ実施に当たっている難民事業本部のお役所的体質にも問題なしとしないが、むしろ、社会全体ないしは一人一人の日本人が個々の難民に対して心優しい人でありたいものだ。地方自治体、地域の人、雇用主、教員、民生委員、隣の奥さん、クラスメート・・・難民受け入れは日本人の基本的資質が問われていることなのだ。
コメントする
コメント