CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«野沢温泉さかやと源泉かけ流し@ | Main | 日本外交の劣化と野田政権»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
野沢温泉と森社長と源泉かけ流しA [2011年12月05日(Mon)]


       

    森 行成「さかや」社長






 その森 行成(ゆきしげ)は
野沢温泉「さかや」の社長。
私とは同世代、同じときに早稲田に学び、
記者として取材した
ルバン島の小野田寛郎さんと私は
昵懇の関係だし、
長野五輪では
私は式典担当顧問だったこともあり、
すっかり「仲良し」になった。

森さんは、アルペン選手として
全国高校選手権大会で二連勝、
大学選手権でも優勝、さらに国体でも優勝、
全日本選抜優勝など
スポーツマンとして
輝かしい成績を残している。

しかも、「文武同道」で早稲田を卒業した後、
共同通信社に入り、社会部を中心に
記者としても10年近く近く活躍した人。

1973年、さかや旅館経営者の娘だった
奥様と結婚(養子)され、
村議会議員、旅館組合長、
長野冬季五輪特別委員長などなどを経、
観光協会副会長として
「地域おこしに取り組む野沢温泉村の
リーダーの代表格。

 記者時代には、
わが国初の心臓移植(札幌医大)、
パレスチナゲリラの五輪選手村
襲撃事件(ミュンヘン)等の報道にあたった。

その森さんに、
「源泉かけ流し」温泉について訊いてみた。
             (つづく)
コメントする
コメント