CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«高島芙実さんとの再会 | Main | 中古小型車を20台、東京美術倶楽部が贈呈»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
セミ(蝉)が啼かない [2011年07月21日(Thu)]







 「ほら、セミの鳴き声が聞こえないでしょう」。

 飲み会の後、友人のIさんが
わざわざ駒澤公園まで車を進め、
窓を開けて、そういうのだ。

 うん、確かに。

「セミは7,8年も地中にいて、
地上生活はほんの数日。
今、出ていいかわかるんですよ」。

 わが地上はそんなにも汚染されているのか。

 そういえば、カラス(鴉)も少し減っているように
思うが…。

 原発、放射能・・・まさか。

「常識ですよ、常識」とIさんは
言い残して去っていった。

コメントする
コメント
東京の城南地区は静かです。
どうしたんでしょうね。
Posted by: 吹浦忠正  at 2011年07月23日(Sat) 12:26

舞鶴ではチーチー喧しい程の蝉の声。蛍も沢山いたみたいです。雀も今朝パン屋の店先でピョンピョンと。以上、報告終わり!
Posted by: 舞姫  at 2011年07月23日(Sat) 12:22

みなさま、各地でのセミはいかがでしょう? どんな具合ですか?
Posted by: 吹浦忠正  at 2011年07月23日(Sat) 08:49

きょう、光が丘の駅前でセミが1匹ないていました。私も土曜日出勤でやや孤独感を感じながら家を出ましたが、このセミもいかにもさびしそうでした。
地中では地震に揺られ、表に出ては放射能ということで、遅れているのでしょうか。
せめて私は遅れないように先を急ぎます。
Posted by: 蝉丸  at 2011年07月23日(Sat) 08:44