CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«フランス側のご厚意に感謝 | Main | 被災地吹奏楽部の地区予選»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
対人地雷廃絶運動のころ [2011年06月30日(Thu)]


                     

    続々『地雷ではなく花をください』の最初のページには、
  多くの読者から寄せられたお便りにサニーちゃんが
  喜んでいる様子から始まっています。





     

   当時のクリントン米大統領、シアヌーク・カンボジア国王などと並んで、
ダイアナ元妃からもこの本を読んだというお礼状が来ました。
ほんの見開きページに子供たちの読者のサインと共に掲載しました。
   







   プリンセス・オブ・ウェールズ、ダイアナ元妃のサイン。
いただいたお手紙は難民を助ける会の事務所に常時掲示しています。











  『地雷ではなく花をください』、これが第一巻の表紙です。初版は1997年7月。






地雷廃絶、子どものためにも」と題する投書が、
6月27日付朝日新聞朝刊「声」欄のトップに
掲載されていた。

広谷樹里パキスタン駐在代表が
先日、文理学院で講演した時のことだそうだ。

 投稿したのは、
サポート校校長 丸木一磨(東京都渋谷区 78)さん。

    ★        ☆       ★

 先日、私の学校で、
NPO法人「難民を助ける会」の方に
アジアでの難民支援活動について
話をしてもらった。

 その中で、紛争などで不発のまま
残された地雷やクラスター爆弾が、
いかに難民たちの生活を脅かしているか
ということを、除去した不発弾を見せながら
話してくれた。

 生徒たちは、そのような非人道的な兵器を
生産している国が今もあるということが
どうしても理解できないようだった。

 その矢先、16日の朝刊に
クラスター爆弾の禁止条約作りに加わった
日本に対し、
規制に反対する米国が在日米軍の活動が
制約されると懸念を表明していたことが
報じられた。

 しかも、在日米軍は
クラスター爆弾を引き続き持ち、
使用できるという。

 見過ごすことができない問題である。
 
 地雷は一度埋められたら、
後世に対する「負の遺産」となる。

 クラスター爆弾となると、
空中で親爆弾から数十から
数百もの子爆弾が広い範囲に
ばらまかれるうえ、
その5〜40%が不発弾として残る。

 まさに「第2の地雷」である。
 
 私たち大人は
次世代を担う子どもたちのためにも、
彼らが抱く正論を受け、
まずは地雷の廃絶から始めようではないか。

  ✾  ✾  ✾  ✾  ✾

 15、6年余り前、難民を助ける会は
地雷廃絶に全力を挙げた。相馬雪香先生が会長で
私は副会長だった。

 当初は、外務省も防衛庁も、日本が
対人地雷全面禁止条約に加入することに
反対していた。

 しかし、軍事的価値と人道的マイナスを
比較すると、地雷は何としても
廃絶しなくてはならないという結論に至り、
難民を助ける会は
ICBL(地雷禁止国際キャンペーン)に
日本のNGOで最初に加入した。

 運動の中心となったツールは、
絵本『地雷ではなく花をください』であった。

 柳瀬房子理事長(当時。現会長)が
ストーリーを書き、
著名な絵本作家・葉 祥明さんが何十枚もの
絵を描いた。いずれも無償。私は中身の監修と
解説を担当した。

 まずは、日本語と英語で編集されたこの本は
初版2万部。全5巻で58万部となり、収益は全額、
アフガニスタンやカンボジアでの
地雷撤去に充てられた。

 1997年12月、ICBLはノーベル平和賞を
授与され、オスロでの授与式には
その執行役員団体である難民を助ける会を
代表して、長 有紀枝事務局長(当時。現理事長)が
出席した。

 私は古い友人や一部の国会議員から
「裏切り者」「絵本なんぞを使い、女子供に
ゴマすって国防をないがしろにした」と
ずいぶん罵られたし、
安全保障に詳しいある有力国会議員の前で、
防衛庁の防衛参事官とさしで
「対決」させられるということもあった。

 しかし、そういっちゃぁなんだが、
お役目で議員周りをしている官僚を
言いくるめるくらいのことは、
国士・末次一郎先生のもとで
その時までに25年も
永田町にいた経験が役立ち、
正直言って、
(元気いっぱいだった当時の)私には
そう難しいことではなかった。

 外務省は対人地雷にかんする見解を
早々に変更し、
柳井俊二事務次官など2千冊近くも
友人・知人はもとより
省内の売店や行き付けのレストランなどを
通じて販売してくれた。

 先日、岡崎久彦元タイ大使に招かれ、
3人でピアノバーで大いに歌ったときにも、
柳井大使(現・国際海洋法裁判所判事)と
当時を懐かしんだ。

 あれほど抵抗していた防衛庁や
陸上自衛隊の中にも、同調者が出てきたり、
内部の動きを教えてくれる人がいたりして、
私はむしろ、「これでいいのか日本」という
不安に駆られたほどだった。
 
 翌年2月、長野での冬季五輪では、
聖火リレーの最終ランナーに
モザンビークで地雷撤去を指導中に
触雷し、右手右足を失った
クリス・ムーンさんを登用してくれるよう、
組織委に働きかけた。

 私は同委の式典担当顧問として、
一定の発言力はあったが、
これまた抵抗は並ではなかった。

「パラリンピックじゃないんだぞ」
「日本でのオリンピックになぜ、外国人なんだ」。

 そうした中で、開会式の責任者である
浅利慶太氏が長野五輪の開会式で
クリスが走ることの意義を
最初に分かってくれた。

 これは世界への大きなPRとなった。

 しかし、その夏、8月31日、悲報が
舞い込んだ。

 難民を助ける会の運動に
さまざまな形で大いに支援してくれていた
ダイアナ元妃の突然の逝去である。

 英国政府は全額を負担して
民間人としては日本からただ一人、
柳瀬理事長をウエストミンスター寺院での
葬儀に招聘してくれた。

 こうした判断に、イギリスの「国力」を感じたし、
対人地雷全面禁止運動を通じ、
私たちはNGO活動への自信を得た。

 NGOが連帯し、工夫し、努力
国際的に動くことにより、
大げさに言えば「不可能が可能になる」と
いうことだ。

 絵本はその後、各国語に翻訳され、
世界の子供や大人に、今でも読まれている。

 そして、同様に非人道的な兵器とされる
クラスター爆弾の禁止条約にも、2008年末、
日本が加入した。

 安全保障上の脅威を感じさせる
周辺の国際環境にある日本、
在日米軍に国防の大きな部分を依存している
日本としては、
この条約に加わる難しさは
並大抵のものではなかった。

 いまや、日本はこれら2つの条約の加盟国となり、
それによる義務を忠実に履行している。

 しかし、両条約とも、
日本を取り巻く諸国はこれに加盟していない。

 日本が国際社会で果たすべき役割の一つが、
人道外交であると考える私は、
自らが「人道」「平和」を唱えるだけではなく、
こうした周辺環境の改善を
より積極的に図ってゆくことが重要であると考える。

 毎年、政権が変わる国、
外交・安保音痴の首相…

 非力は自慢にならない。我が国の
国際的な立場や果たすべき役割や
我が国への期待は、十分に大きいにもかかわらず、
日々のメディアの報道にも、
およそ、世界で稀なくらい外交・安保についての
報道が少ない。

 たとえ投書欄であっても、されど投書欄である。

 市民が、国民が声を上げることの重要さを
この投書で、久々に復習させていただいた。

 未だ知らぬ、見知らぬ丸木先生、
ありがとうございます。
コメントする
コメント