CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«中露国境の変遷 | Main | 尖閣、政府は毅然と国民は冷静に»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
自衛隊員の婚活 [2010年09月29日(Wed)]












 婚活って、今の時代、大変なんですね。

 ところが明治以来の「軍港・舞鶴」では
こんなことがあったそうです。

 例によって、メル友・鷲田マリさんからの
メールです。

  ☆☆ ★ ★ ☆ ☆ ★★ ☆ ★ ★ 

体調不良の中での1時間の生出演、お疲れ様でした。
風邪の人が多いです。東京、ウラジオ、伊豆、花巻を
短期間に回るのは、ご老体には少々…
寒暖の差が激しいですものね。

そしてきょうからパラオですか?
私の数少ない、行って見たい所の一つです。
くれぐれもお大事にお出かけ下さい。

尖閣諸島の問題、日本人がシッカリしないと
大変と気づく出来事でした。気づいてもチャンと
対応出来るのかと心配は続きます。

お坊っちゃま的なこの国の未来は
どうなるのでしょうか?

話は変わりますが、
最近、自衛隊の独身隊員の為に
先輩達が棔活のイベントをしていました。

会場は市内に二ヶ所、一つは市政記念館でした。
ドアが開いたままでしたので中の様子がチラチラと。
「はい、クルクル廻って下さい、握手して〜」と
先輩達は真面目に一生懸命でした。

隊員達のびしっと細めのスーツに日焼けした顔が
EXILEのよう。

インターネットで集まった60人の女性達も
素敵でした。

何よりも私は、先輩達が部下の為に
大真面目で一生懸命に棔活の手伝いをしている姿に
熱いものを感じました。
自衛隊の素敵な一面を見ました(*^∇^*)

   ☆☆ ★ ☆ ★★ ☆ ★ ☆☆

海上自衛隊って、遠洋航海などもあり、転勤もあり
ご家族はさぞ大変なんだと思います。

それでも、国と国民を守る使命感で、
みなさん、がんばっておられます。

その姿に惚れてくれる女性、
いないはずがありません。

ちょっとほほえましいお話でした。
コメントする
コメント