CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«密使・若泉敬と末次一郎A | Main | 若泉敬と末次一郎B»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
朝日新聞の見出しが抜群 [2010年06月30日(Wed)]



















 私は自宅で朝日と産経の両紙を精読し、
ユーラシア21研究所にきてから
何種類かの内外の新聞に目を通すのが普通だ。

 今朝のこの3紙、
朝日の見出しが光ってますよね。

 全部漢字というのは、「中国の新聞みたいだ」とタブー視されて
きたようですが、きょうのこれは途中に空白があることもあり、
実にいい見出しだと、思います。

 産経、読売も愛読紙、頑張ってください。
コメントする
コメント
サッカーチームが帰国。

関空には岡田監督が「なんじゃこりゃ?」と言ったほど沢山の人達の出迎え。

嬉しいですね。日本人で良かったと思える今日この頃です。

心配していた駒野君も取り敢えず大丈夫の様子。

本当に日本人が一つになれたサッカーに感謝!
Posted by: 日本の美女s  at 2010年07月02日(Fri) 07:50

本田君は素晴らしい青年ですね。

試合では仲間にもゴールのチャンスを与え、日本の観戦者には睡眠不足を気づかうコメントを。試合終了後には応援した人達、批判した人達にも感謝を伝えるなど涙が出る程素敵な青年です。

日本人だったらだれもがPK戦に失敗しようが負けようが気持ちは、「良くやった!」「アリガトー!」の言葉に尽きるはず。彼ら選手達は日本人の誇りです。

世界の新聞からも高い評価とか。嬉しい事です。あの感動が人種を越えて共有できるなら、まだ人類は地球をまもれるかも?なんて考え過ぎですかね?

本田君を中心とした日本サッカーチームは沢山のメッセージを送ったと思います。

それぞれの受信能力に期待します。間違っても政治家は彼に声をかける事はありませんよね?
Posted by: 舞鶴の乙女  at 2010年07月01日(Thu) 08:08

 つい、大相撲と比べてしまいますね。

 こちらはあまりにお粗末・・・
Posted by: 吹浦忠正  at 2010年06月30日(Wed) 22:22

パラグアイ戦、残念な結果でしたが選手達に「ありがとー!」の気持ちです。

ワクワクするこの数日間でした。ドラマでした。

残念な結末でしたが素晴らしいドラマを観た気持ちです。

PK戦で失敗した駒野君もゲームで頑張りました。

ゲームで決着をつけて欲しかったですね。

守りは素晴らしかったですが「さぁー!行くかっ?」と思える瞬間が少なかったです。

〜そうは行かないのがスポーツの試合!だから面白いのでしょう。

間違いなく日本チームはレベルが高くなっていますね。

技も素晴らしいですが彼らの精神とそのパフォーマンスは深く心に残りました。

出番待ちの選手達も一丸となってました。

大相撲と比べてしまいます。
Posted by: 舞鶴の姫  at 2010年06月30日(Wed) 22:21