CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«サッカー、オランダ選手の胸に | Main | 聖心札幌です!»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
NHKスペシャル密使若泉敬@ [2010年06月28日(Mon)]
         

                 若泉敬先生



 NHKスペシャル「密使・若泉敬」を
NHKからおくられたDVDで,
放映後8日目のきょう、
6月27日になってようやく拝見できた。

 オン・エアの時(6月19日)に
見ることができなかったのは、
わが家に急遽、数人の友人が集まり、
日本対オランダのW杯サッカーを見て
盛り上がっていたからだ。

そして、DVDをおくっていただけたのは、
この番組の制作に多少、
協力したということによる。

 番組に出演していた方々のほとんど、
すなわち
佐藤信二(栄作元首相の次男)元代議士、
田宮甫弁護士、
福留民夫氏(若泉先生の学生時代以来の友人)、
鰐淵信一氏(最晩年に若泉先生が
最もお世話になった一人)、
斎藤邦彦元外務事務次官・・・と私は
程度の差はあれ、
相当に深いお付き合いがあったので、
テレビ番組がこの程度の描き方で
終わったことについて
ほっとした気分と、
ものたりなさと両方を感じた。

 しかし、この番組があまりに経過や思いを
単純化していることには
驚きの念を禁じ得ない。また、
これは当時からの学者仲間の一人が
オン・エア直後に私に言ってこられたことだが、
「番組が本人(若泉先生)と同じくらいに、
自己顕示をし、他を無視している」というのが
私にとっても率直な印象だ。

 この番組の制作にあたり、
私は何度か担当ディレクターの訪問を
受けたし、
沖縄返還に大きな貢献をし、それ故に
浦添市には9年前の逝去のすぐあと
胸像が設置された
わが師・末次一郎先生の遺品を調べることにも
協力した。

すなわち、かつては末次先生の秘書でもあり、
今は私の秘書であるM嬢とともに、
管理している先生の二女である
川野典子さん(番組の最後に協力者として表示)の
お宅にディレクターと一緒に行き、
遺品のほぼ全てを点検したが、
若泉先生からの書簡や関係文書は
1通も出てこなかった。

 のみならず、両先生が一緒に映っている写真は
国際会議で、たまたま数人と
円卓を囲んでいる1枚しかなかった。

 ディレクターにはその意味を感じてほしかった。

 末次先生は、若泉先生や沖縄返還に関する
写真、文書のいっさいを自らの手で、
この世から消されたのだ。
                      (つづく)
コメントする
コメント
 理想と現実。・・若林敬さんは黒子。
平和憲法と非核三原則。・・
 
 でも国際情勢は、冷戦の真ただ中。
持たず、作らず、売らず・・
 
 佐藤さんは、良い意味での政治家
だったと思う・・法益権衡の遵憲主義。
 
 ある意味、誠実。国民主権平和主義
そして基本的人権追求の権利を守った
 
 戦争で外国人を殺していない。
 
 ルールも結果責任も重視・・
 
 
Posted by: 山中 雅和  at 2010年09月13日(Mon) 21:11

 番組が言ってたから正しい、とはどういう意味でしょうか。
Posted by: 吹浦忠正  at 2010年09月13日(Mon) 07:51

あんたの自慢か?何もやっていないことの自戒の念?
意味がわからないプログ!!
番組では殆どの資料関係を処分したといってたぞ。
それよりこの番組が沖縄に向き合っていなかった国民に問いかけたことのほうが大きい、
Posted by: ようすけ  at 2010年09月13日(Mon) 03:23