CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ベルリンの壁20年、国旗は変る@ | Main | 近衞忠W会長と細川護煕元首相»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
若泉敬先生は自殺ではない [2009年11月20日(Fri)]





   挿画「高山」は石田良介画伯によるもの。禁無断転載。
   





 週刊文春と週刊新潮は私が毎週必ず読む週刊誌である。週刊文春は先崎学将棋8段の「先ちゃんの浮いたり沈んだり」が、週刊新潮では野口武彦先生の「明治めちゃくちゃ物語」にはまっている。

 その週刊文春、今週号ではちょっと酷い間違いを犯している。46頁。
若泉敬氏が1996年、「国家機密を公にした責任を取って自死したのである」としているのだ。

 待って下さい、松井真編集長ドノ。

 私は、敬(けい)先生と呼び、30年にわたってご指導いただいた者であるが、亡くなったのは96年7月27日、福井県鯖江市の斎藤病院で、すい臓がんが死因だ。

 敬先生は94年6月23日、いうまでもなく沖縄戦終結の記念日に沖縄県民と太田昌秀知事宛に、「遺書」というべき書簡を書いた。

「核密約」のまま、沖縄返還を優先したことに「結果責任を取り、国立戦没者墓苑で自裁する」という内容であった。

 沖縄への思い入れを特別に持っていた人であり、それゆえに「佐藤栄作首相の密使」として、キッシンジャー国務長官ほかを相手に縦横の活躍をした。

 そして「わが遺灰は沖縄の海に撒くように」と指示して逝ったのである。

 そのあたりのことは、文藝春秋社は一番よく知っているはず、というか、関わっているのである。

『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』は沖縄返還の裏交渉を書き遺したもので、文藝春秋社から刊行されている。その前後も、執筆にかかわるモロモロにも、わが師・末次一郎とともに私いささか関わった。

 文藝春秋社はまた、『諸君!』の最終号(今年6月号)まで、敬先生の思考、プロフィールを森田日大教授の玉稿で連載した。

 その文藝春秋社の週刊文春がまた、どうしてこう言う書き方になってしまったのか、理解に苦しむ。

 これ以上書くのは止めるが、次号で是非、訂正してもらいたい。
コメントする
コメント

もちろん立派な点も多々ありましたし、あの人でなくてはということも認めます。
しかし、
ある部分、「古井戸」さんの意見に同感です。残念なことですが。
その結果、わが師・末次は最後までゆるいさなかった部分がありますが、
NHKスペシャルははその部分を全部カットしたようです。
実は、私はサッカー主体に当日はテレビを見ていました。明日にでも、NHKがDVDえお送ってくれそうですので、しっかり見てみます。末次の若泉観を回顧しつつ。
Posted by: 吹浦忠正  at 2010年06月22日(Tue) 23:49

安保堅持、核抑止、基地提供〜対等同盟は、若泉の信条のはずです。そもそも、核持ち込みを密約により許容した、という原因責任を負うべきです。首相が、です。若泉は民間の密使、として雇用?されたのだから政治責任など本もと存在しない。あるとすれば道徳責任です。なぜ沖縄に謝らなければならないのか?基地の恒久化ゆえ?もし、若泉は日本からの基地撤廃を主張したいのか(ならば、政治屋か官僚になってそう主張すればよかった)
あるいは、沖縄の基地を本土に移設しろ、と?これは本土の沖縄化です。黒子になりきれなかった、密使。人選を間違えました。癌で余命幾ばくもないのに毒盃をあほぐ。これは沖縄慰霊碑の前で写真を撮らせたのと同じ、パフォーマンスです。精神が破綻しているひとを責めても酷だが。
Posted by: 古井戸  at 2010年06月22日(Tue) 16:34

亡くなってから何を言っても無駄、生きていつ時に国民に真実をアピールする事が肝心鳩山総理が退陣したあとnhkが昨日スペシャシャルをくんでいたがお笑いだ
マスコミ官僚のの手先か、週刊誌がだだと言ううまえに大手マスコミを断罪できないのかをれを糾弾してからののを言え
Posted by: 阿部 啓一  at 2010年06月20日(Sun) 20:25

若泉先生についてはいろんな方からメールにもたくさん質問があります。
最後の瞬間は確かに毒物をあおりましたが、すい臓がんの最末期まで頑張っておられたのです。
ところで、「古井戸」さまのコメントの意味が私には今一つ分かりません。
政府が日本国民に詫びよというのでしょうか。それとも、若泉先生が日本国民に詫びるべきだという意味ですか? 密約にかかわったことを非難し、詫びよというのでしょうか?
読解力が不足で申し訳ございません。
Posted by: 吹浦忠正  at 2010年05月09日(Sun) 19:09

核抑止は若泉の若いときからの信条です。沖縄に謝罪するのであれば、70年当時、返還に先立って謝罪すべきであり、しかも、謝罪の相手は日本国民全体に大してです。米国で公開されず、半永久的に密約のママであったとすれば、謝罪しなかったのだろうか?
Posted by: 古井戸  at 2010年05月09日(Sun) 13:28