CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«台湾双十節、祝賀会の中止A | Main | 安土町で最後の町長選»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
台湾双十節、祝賀会の中止B [2009年09月30日(Wed)]








 台北駐日経済文化代表処の馮 寄台(ひょうきだい)代表から、
「双十国慶節を迎えて」という題のご挨拶状をいただきました。

昨日につづく最終回目です。


   ☆☆☆  ★★★  ☆☆☆  ★★★  


 中華民国は、アジアでもっとも歴史のある民主共和国であり、
台湾と日本は自由・民主主義・人権などの
共通する価値観を持っており、地理的・歴史的にも
最も近い国同士です。

 台湾の馬英九総統は、台日両国のこのような緊密な関係を
さらに発展させるため、
今年を「台日パートナー関係促進年」と位置づけ、
双方の経済貿易・文化・青少年・観光・対話の交流の強化を
進めているところです。

今年2月に第16回漁業協議が再開され、
6月からは台日青少年ワーキングホリデー制度がスタートし、
そして今月、台湾の国立政治大学に「日本研究センター」を設立し、
新世代の知日派を育成していきます。

また、10月には北海道に当代表処の札幌分処が開設され、
来年からは台北松山空港と東京羽田空港を結ぶ
定期チャーター便が毎日8便運航されるようになり、
さらに東京に「台湾文化センター」の開設、
故宮博物院収蔵品の日本展開催の準備を進めているところです。

 今年、台湾は世界保健機関(WHO)の年次総会に
オブザーバーとして、ようやく参加することができました。

ここに、長きにわたる日本のご支援に対して
深く感謝の意を表します。

 毎年の国慶節レセプションは、
伝統を有する重要な場であり、皆様とお会いして
友好を深めたかったのですが、台風の被害が大きく、
取りやめざるを得なくなりました。我々はこの災害に負けず、
必ず復興に立ち上がろうと強い意志で臨んでいます。

 最後になりましたが、東アジアの安定と繁栄、
並びに中華民国と日本の一層の関係強化を願い、
皆様のご健康とご活躍を祈念して、
私の挨拶とさせていただきます。
コメントする
コメント