CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«東京は大丈夫なのかなぁ | Main | 台湾双十節、祝賀会の中止B»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
台湾双十節、祝賀会の中止A [2009年09月29日(Tue)]











台北駐日経済文化代表処の馮 寄台(ひょうきだい)代表から、
「双十国慶節を迎えて」という題のご挨拶状をいただきました。

昨日につづく2回目です。

      ☆☆☆  ★★★  ☆☆☆  ★★★


たくさんの方々が当代表処にお出でになり、
寄付をして下さいました。その中には、
90歳を過ぎた年金生活者もおられ、
遠いところからわざわざ電車に乗って、
義援金を届けて下さいました。

日本の皆様からの温かいご支援に、
台湾政府並びに国民を代表して、心から感謝申し上げます。

 私は昨年9月に中華民国の駐日代表に着任して、
ちょうど1年が経過しました。私はこの1年間で
改めて台湾と日本が極めて緊密な関係にあることを実感しました。

 当代表処は、今年4月にギャラップ社に委託して、
日本人の台湾に対する意識調査を行いました。

その結果、日本人の76%が日台関係は良好であると考え、
65%が台湾を信頼しており、
約2割の日本人が台湾に行ったことがあることがわかりました。

また、台湾へ一度も行ったことがない日本人のうち、
61%が機会があれば台湾へ行ってみたいと
考えているようです。

また、同じ4月に、日本の交流協会も台北で
これと似た世論調査を実施しました。その結果、
台湾人のもっとも好きな国は日本であり、
台湾人がもっとも信頼する国、観光に行きたい国も日本でした。

 昨年、139万人の台湾人が日本を訪れ、
109万人の日本人が台湾を旅行しました。
今日、日本は台湾にとって第2の貿易パートナーであり、
台湾は日本にとって第4の貿易パートナーとなっています。
                      (つづく)
コメントする
コメント