CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「百人一首」とさくらC | Main | 混乱をお詫び»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
百人一首の桜6首 [2008年02月28日(Thu)]






   「春爛漫」。挿画は石田良介画伯の特段のご厚意で
  掲載させていただいております。禁無断転載。






 さきほど、『百人一種』に「桜を詠んだ歌は3首」と書き、
帰りの地下鉄の中で、思い出していたら、
6つも浮かんで来ました。

帰宅後、専門書で確認しました。
お詫びして訂正します。

☆//☆///☆/★\\\\☆

 まずは、超有名な小野小町の作。

花の色はうつりにけりないたづらに
 わが身世にふるながめせしまに


 続いて、『古今集』の紀友則の歌。

ひさかたの光のどけき春の日に
 静こころなく花の散るらむ

詞書(ことばがき)に「桜の花の散るを詠める」とある。


もろともにあはれと思へ山桜
 花よりほかに知る人もなし

『金葉集』に収録されている前大僧正行尊の歌。
心の寂しさを歌っている。


花さそふ嵐の庭の雪ならで
 ふりゆくものはわがみなりけり  

『新勅撰集』にある、入道前太政大臣の作。
藤原公経(きんつね)のこと。
承久(じょうきゅう)の乱の後、太政大臣に上り詰めた。
その人のさびしい気持ちを桜の散る姿に合わせて
詠んでいるところに妙味があるというべきか。


いにしへのならの都の八重桜
 けふ九重ににほひぬるかな
 
『詞花集』にある伊勢大輔の歌。
詞書に
「一条院の御時、八重の八重桜を人の奉りけるを、
その折、御前にはべりければ、
その花をたまひて、歌詠めと仰せられければ、詠める」とある。
作者の教養の高さとセンスのよさに脱帽するほかない。


高砂の尾の上の桜咲きにけり
 外山の霞立たずもあらなむ

『後拾遺集』にある権中納言匡房(大江匡房)の
スケールの大きい歌。山桜をはるかにのぞむ気分がいい。
コメントする
コメント