CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ハワイの花景色 A | Main | 放送の反響»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
捕虜第1号 G [2007年10月31日(Wed)]











―― 収容所内での病気や戦地から続いての負傷者の例などはどんな様子でしたか。
酒巻 マラリアはもちろん熱帯病や伝染病の人はたくさんいました。負傷した人、大怪我の人、いろいろいますが、米軍側が適切に治療し、入院もさせました。
 肺結核になって、ニューメキシコのキャンプのほうの結核療養所のようなところへ行った者が10人余りいます。

―― 米軍側とのトラブルはいかがでしたか。
酒巻 「掃除をやれ」というわれたときの態度が悪いといって番兵と口論になり、撃ち殺された例がありました。あとは私を含め営倉入りはたくさんありました。

〔注〕「ここが汚れておるじゃないか」と、番兵からいわれる。ほうきを投げ出して「そこを掃け」。そのいい方が気に食わん。日本人に対する侮辱だ、日本軍人に対する侮辱だということで、それやっちまえ、でなぐりかかったわけですよね。そうしたら向こうはパパーンと射ってくる、殺されちゃった。こういう類のことがある。
<小野田寛郎・酒巻和男対談集『遥かに祖国を語る』時事通信社、117頁>

―― 自殺を企てた者はいないですか。
酒巻 そういうことを起こしがちだったので、われわれが努力して起こらないようにしたんです。幸い私が直接管轄しているところでは全然ありませんでした。ただ私のところから離れていったところに、今の番兵と口論して死んだということがあったのです。
 私は、つまらない死に方をするな、もっと大きい目標をねらわなくちゃいけない。大儀に生きた死に方をしてくれ。大石良雄はあざけり笑われても辛抱して、大目標、大儀に生きた。われわれが生きているのは天から生かされているのだ。つまらない死に方をするな、とこれが私の説得の論旨です。これを兵隊たちに教えました。それで無事みんな帰りまして、復興に尽くしたのですが、ともすれば目の前の小さな事がらのため興奮してしまう。

―― 捕虜どうしの仲違いやトラブルもいろいろあったようですね。
酒巻 サイパンだったか、スマトラだったのか・・・・・・降服勧告があったとき、「勝手に手を挙げて出て行ったじゃないか」「そのときおまえがうしろで銃を撃ったじゃないか」というトラブルもありました。その撃った者も、またその翌々日に出て来たのですね。「何だ、同じことじゃなか」。けれどそういうことから仲違いをし大げんかになりました。「帰国したら、おまえをやっつけてやる」なんて最後までいっていました。それも個人的なつまらないことです。けれどもね、本人にしてみれば生命賭けの話です。

―― それはキャンプ内のことですか。
酒巻 キャンプ内のことです。私のところにいる間はそのようなことがないように努めていました。しかし、私から離れてから脱走を試みたのですね。いたたまれなくなったのでしょう。

―― どちらですか。撃ったほうですか。先に逃げたほうですか。
酒巻 先に逃げて撃たれたほうです。どちらかというと、捕虜観においてアメリカナイズされた考え方の人間ですね。日本的な思考が好きな者の考え方ではない。収容所内の捕虜はほとんど全員日本式な考え方ですから、皆にいわれていたたまれなくなったのでしょう。それで労働作業中に、みんなの間をくぐって逃亡しようとしたんです。逃亡したからとて自分が思うところに行きつくということはできないんです。
 だから、そういう馬鹿な事は考えるな、馬鹿げた企てをするな、といっていたのです。ただ、そうはいっても、いたたまれないで逃げ出す。しかし、結局、米軍側の管理事務所に戻ってきた。「助けてくれ」といってね。

―― それは兵ですか。
酒巻 兵です。兵どうしのトラブルです。

―― しかし、本人にしてみれば深刻な話ですね。
酒巻 殺すか、殺されるか、ですからね、今でいうリンチです。いうならば簡単なリンチで生きるか死ぬかという事態になるわけです。
 のちに将校と下士官が遠方のケネディ収容所(テキサス州)に移されてからは兵のみとなり、統率にかなり問題があったようでした。われわれがマッコイ(ウィスコンシン州)にいた時はとにかく日本人として恥しくない態度をとらせましたが・・・・・・。

―― 私もベトナム戦争や印パ戦争で国際赤十字の代表として捕虜の管理、保護をやったのですが、そのとき感じたことは、とにかく捕虜の組織を大事にし、捕虜代表のいうことを最大限尊重する以外に、捕虜をまとめていくことは至難だということです。生活習慣、文化、宗教、言語の違う者が自分の物差しで管理することには大きな無理があります。その収容所の捕虜代表にいい人がいる場合は本当に助かりました。
酒巻 そうでしょうね。あの当時の日本人捕虜の場合やはり統率する者がしっかりしていなければダメでした。
コメントする
コメント