CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«トラック2の役割 | Main | 大使公邸でのメニュー»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ロシアの少子化対策 [2007年10月06日(Sat)]


























    国後島や択捉島で出会った子供たち







 ロシアでは紛争や事故で若者が亡くなる例が多い。
 おそらくG8では最大ではないか。

 交通環境未整備のまま
急速に自動車が増えたことによる交通事故、
「伝統の」アルコール中毒、麻薬・・・
人口減を引き起こす社会問題がいろいろある。

とりわけ、
シベリア以東のロシアの人口減は深刻な国家的課題だ。

 希薄な人口に豊富な資源となれば、否応なしに、
中国や北朝鮮からの労働力の導入が必要になってくる。

 そこで、ロシアでも少子化対策が急務となってきた。

 それだけに対策はいささか過激だ。
国会議員や大統領の選挙が近いこともあるせいか、
いささか人気取りといえなくもない政策が、
この夏から打ち出された。

 先日、国後島で聞いた話。
 この夏から、医師の診断で妊娠がはっきりすると、
病院から大きな箱が贈られるようになった。

 昼食会で隣り合わせになった行政府の女性が
一見して「おめでた」だった。
 
 そこで、聞いてみると、もらった箱の中には、
紙オムツ、衛生用品、化粧品、
母親の権利が記された小冊子などの品々が
入っていたのだそうだ。

 さらに、ビタミン剤や栄養補強剤も無料でもらえるほか、
さまざまな母子検診も無償で受けることが出来るという。

 最初の1人出産すると本土では8千ルーブル(約3万8000円)、
2人目からは、教育費と住宅購入費として25万ルーブル(約118万円)の補助金が支給されるのだそうだ。

 シベリア以東、北方領土までは
それが一人目から25万ルーブルもの一時報奨金が
支給されるのだそうだ。

 ロシアではソ連時代以来、
医師や学者の給料は低いが(知識人は
労働者や農民に奉仕する役割とされた)、
今回は、医師側も1人の出産を担当すると
3千ルーブルの報奨金を得られるとあって、
この政策の推進に積極的だとか。

 それでも隣り合わせの女性は、
「(行政府に勤めている)夫は、あと2年ここで働き、
モスクワに移住し、
二人目はモスクワでともくろんでいるのよ」と語っていた。

 どこの国でも少子化や過疎対策は難しいようだ。
コメントする
コメント
人気取りだろうとナンだろうと、いいことはいいと私も思います。
Posted by: 吹浦忠正  at 2007年10月08日(Mon) 13:44

人気取り?
けっこうなことじゃないですか。
ロシア同様、人口減少は我が国の深刻な問題です。
人気取りだろうが何だろうが、我が国ももっと女性や子供、お年寄りに対するケアをもっと充実させなければなりません。

新自由主義糞食らえ。
Posted by: sonic  at 2007年10月08日(Mon) 09:29