CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«第2回 CANPANファンドレイジング支援セミナー報告 | Main | 内覧会 2/2 18:30から 季節催事x地域資源のPR空間»
落花生をまいて、宮崎県綾町流の節分体験 [2011年01月28日(Fri)]

東北地方太平洋沖地震 支援基金への寄付はこちらから

Click here to make a donation!!! (Multi-Lingual_Donation_Page)


前略、東京出身の僕は、節分といえば、炒った大豆をまきながら「鬼は外、福は内」といい、そのあとに歳の数だけ豆を食べるのが当たり前だと思っていました。綾町と出会うまでは。

ある日のこと、宮崎県綾町出身の友人との雑談で、「節分にまくのは落花生」というフレーズがぽろっと。

「なぜ落花生を?」、「綾町だけ?」と思い北海道出身の友人に聞くと、「落花生だよ」との答え。
「節分=大豆で豆まき」の方程式が音を立てて崩れつつあります。

この紙を手にとったあなたの出身地の豆まきは落花生ですか?大豆ですか?教えてください。






昨年の口蹄疫、そして今年になってからの鳥インフルエンザ、霧島連山の新燃岳の火山活動などで被害を受けている宮崎県の皆さん、綾町の皆さんを、
豆まきながら、綾町の豚肉を食べながら、おいしい焼酎を飲みながら、応援しましょう〜




このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 高島 at 14:42 | 告知 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント