CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«第1回ファンドレイジング支援セミナー開催しました! | Main | 第1回セミナーのポイント»
セミナーアンケート結果です(第一回ファンドレイジング支援セミナー) [2010年05月19日(Wed)]

東北地方太平洋沖地震 支援基金への寄付はこちらから

Click here to make a donation!!! (Multi-Lingual_Donation_Page)


第1回「成功のツボ インターネットを活用したファンドレイジング」ご来場者アンケート
●2010年5月12日 18:30〜

セミナーアンケート結果はこちらです。

enquete20100512.pdf


===================  PDFと内容は同じです  ===================

1.今回のセミナーをどちらでお知りになりましたか

CANPANポータルサイト 6
CANPANからの電子メール 5
友人・知人の紹介 3
インターネット上の告知
東京ボランティアセンター 2
NPOセンター 1
twitter @changemaker 1
twitter 1
菅さんのtwitter 1
その他
ボラせんサイト 1
メルマガ 1

2.貴団体のネット活用によりファンドレイジングの状況

2−1.自団体サイトについて
導入済 7
クレカ決済 7
ネットバンク決済 1
電子マネー 1
未導入 21
検討中 13
関心あるが検討せず 4

2−2.外部サイトについて
導入済 7
Justgiving 3
クリック募金 1
4en 1
プレコラ 1
マチウケル 1
Give One 2
イーココロ 4
Yahoo!ボランティアインターネット募金 2
NPOサポート募金 1
NPOアリーナ 1
チャリプラ 2
未導入 17
検討中 7
関心あるが検討せず 4

3.本セミナーの感想、講師へのメッセージ
・判りやすかったです。ありがとうございました。
・素晴らしいセミナーでした。特に失敗例を教えていただいたのが助かりました。
Twitter、mixiを使った方法のセミナーを楽しみにしております。
・具体的な事例を中心にご紹介いただき大変参考になりました。
オンライン決済も予想以上に簡単に導入できそうで上司に提案してみます!!
・マトリクス判りやすかったです
・様々な具体例を整理した形でご提供いただきありがとうございました。初めて接する内容も多く、
帰ってからまた資料をゆっくり拝見させていただきつつ自分の中で整理して行きたいと思いました。
・Big Pictureでよくまとまっていて、事例豊富で参考になります
・団体の特徴に応じたやり方を見つける等参考になりました。ありがとうございます。
・耳が痛い話ばかりでした。少しずつ取り入れてみたいと思います。
菅様にお会いできて大変嬉しく思いました。
・菅さんありがとうございました。寄付の考え方がためになりました。
幅広い情報を有難うございました
・事例だけではなく、団体例がその手法を選択した理由や、得られた成果
(例えばどういう属性の新規寄付者が増えたのか、など)を知りたい。
・分かりやすい説明ありがとうございました
・ネット寄付の情報整理が出来ました。同時に運用の課題も整理が出来ました。
導入団体さんは課題を掘り下げて考えてから導入いただくとより良いと思います。
・様々な情報があり、満足しました。
時間が許せば、団体の状況や特性に応じた活用方法についても伺ってみたいです。
・様々な形態のサイト、方法を分かりやすく示して下さりありがとうございました。
今後の募金活動を考えていくうえで参考にさせていただきます。
・募金(ネット)について体系的に理解することができました。
自分の世界とは別に寄付についての「学問」としてが勉強できました。
・自前のことをずっと考えていましたが、他力本願についてもとても参考になりました。特にtwitterの可能性を考えようと思います。大変楽しかったです。どうもありがとうございました。
・お疲れ様でした
・菅さんにはYahoo!ボランティアインターネット基金でお世話になりました。
ありがとうございました。やっと会えました。話はとても参考になりました。
・具体的に寄付についての作業を実施したあとにご報告いたします。
CANPANが提供するメンバーズとペイメントは導入したいと考えています。
・内容の説明そのものはわかりやすく、とてもためになったと思います。
ありがとうございます。ただ今の自分にとっては、ハイレベルな内容でもう少し初歩的な話も聞きたかったです。
・わかりやすかったです。ありがとうございました。
・すばらしい。やるべきことのイメージが明確になった

4.ご所属団体について


1)CANPANに団体登録をしていますか?

はい 16 (48.5%)
いいえ 12 (36.4%)
わからない 4 (12.1%)


2)予算規模を教えてください

100万円未満 4 (12.1%)
100〜500万円 3 (9.1%)
500〜1000万円 1 (3.0%)
1000万円〜5000万円 8 (24.2%)
5000万円〜1億円 2 (6.1%)
1億円〜5億円 6 (18.2%)
5億円以上 2 (6.1%)
未定 1 (3.0%)


3)会員管理で使っているソフト・システムを教えてください

エクセル 11 (33.3%)
アクセス 5 (15.2%)
ファイルメーカー 4 (12.1%)
Sales Force導入予定 1 (3.0%)
Sales Force 1 (3.0%)
スクラッチ 1 (3.0%)
不明 1 (3.0%)


4)Blog・Twitterを利用していますか

Blog はい 23 (69.7%)
いいえ 8 (24.2%)
Twitter はい 16 (48.5%)
いいえ 14 (42.4%)


5.ファンドレイジング支援セミナーへのご意見・ご要望・次回の希望テーマなど

・参考になりました。最後の無意識寄付の情報が欲しいです。今後のセミナーに期待しています
・ネットのファンドレジング良かったですが、やはり「感謝」あってのファンドレイジングだと思います。
お金集めのためのファンドレイジングに降格しているのが気になりました。「人」を忘れては和がなくなってしまうと思います。
・Twitter等を使ったファンドレイジングのセミナー。ネット以外の方法を使ったリアルなファンドレイジングイベントの企画(勉強会もしくはイベントを開いて頂いて、協力NPOに分配)
・昨年まで2年半にわたりNYのYMCAに出向しておりその際にアメリカの生活に根付く寄付文化に驚かされました。日本にも寄付文化を醸成させる為に一緒にがんばりましょう!!
これからも宜しくお願いします。
・Twitter特集/寄付からFeedbackにつなげて、継続的なFundraiseの事例、方法論など
・広報をテーマにしたもの(デジタル・アナログにかかわらず)にも興味があります
・とても参考になりました。ありがとうございます。
企業への働きかけ方、アピールの仕方、小規模団体向けのファンドレイジング方法
・Twitterについて
・寄付者の動向と流れの作り方(事例)
・外部サイトのメリット・デメリットについて、ファンドレイジングに有効な広報など
・これからも情報共有させていただけたら嬉しいです
・第2回もあればぜひ参加したいです。Twitterのフォロワーを増やす方法と自社のサイトに誘導する方法が知りたいです。ページビューが上がらないので
・インターネットによらない資金調達法について知りたい
・小さな団体の失敗体験の共有
・ツイッターの初歩的な使用法等をお聞きしたいです。また注意点等もあれば具体的に知りたいです。
・Twitter活用はもっと知りたいです!企業とのコラボレーション関連のイベント・セミナー等はこれからも増やしていただければと思います。ファンドレイジングもかなり関わってくるテーマですので・・・。どうもありがとうございました!
・ぜひ定期的に継続してください。次は「Twitter×ファンドレイジング」をおねがいします


6. CANPANからの今後の連絡について

メンバーズ、ペイメントについての詳細説明を希望する 8 (24.2%)
今回のアンケート結果、次回の開催案内を希望する 21 (63.6%)


【セミナー参加者 34 / アンケート集計数 33】
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント