CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ブルーバードの子供達

カンボジアで現地の子供達へ教育支援をしています。特に里子支援について、その取り組みの試行錯誤を綴っています。歴史や習慣が違って難しい事もありますが、子供達の成長を見るのはいつもとても嬉しいです。


文を発想する [2019年04月19日(Fri)]
高学年の子を対象には、ランダムな単語から文を作るゲームを行いました。
色々な単語を含んだカードの中から自由に2枚引いて、その単語を使って文を作る、という発想のゲームです。あり得ない文でも大歓迎。

名詞には「キリロム山」や「花瓶」、動詞には「つまづく」「覗く」などあまり日常会話の中に出て来ないような言葉を選んでいます。副詞や形容詞、また「ドキドキ」や「チクタク」などの擬音語はたくさん取り入れました。
「騒がしい」と「つるつる」を引いたら、一体どんな文が出来るでしょうか。

「ポタポタ(水滴の音)」と「ゆっくり」を引いた子は、「ポタポタと音のするほうをゆっくり振り向くと、真珠の上に水が落ちているのが見えました」という素敵な文を作ってくれました。水がゆっくりポタポタ落ちていた…というと至って普通の場面ですが (もちろんそういう文を作っても批判するわけではありません)、真珠を登場させるところがこの子の感性ですね。

project material03.jpg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

Blue Bird Education Cambodiaさんの画像
https://blog.canpan.info/fosterchildren/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fosterchildren/index2_0.xml