CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ブルーバードの子供達

カンボジアで現地の子供達へ教育支援をしています。特に里子支援について、その取り組みの試行錯誤を綴っています。歴史や習慣が違って難しい事もありますが、子供達の成長を見るのはいつもとても嬉しいです。


子供の遊び [2018年09月17日(Mon)]
カンボジアでは、まだ公立の保育園、幼稚園といった施設がわずかです。内戦前は教育水準も高く人々の心も潤っていましたが、内戦で多くの命とともにたくさんのものが失われました。今は都市部では小学校より前に通える私立の教育施設も増えてきましたが、当然ある程度の経済力がなければ通えません。生活費を割いて子供を通わせるだけの価値が見いだせなければ、利用しません。

というわけで、今回のような内容は、僻地では母子保健の一環として紹介するのは良いかなと思いました。母子の健康を保つ保健指導を提供しつつ、子供達のメンタルに有効な刺激を与える遊びとして、家庭で応用して取り入れてみて下さい、という提案ができると思います。

ビーズを糸に通していくプログラムでは、ただ通すだけではなくて、こぼれないように扱ったり、結んだりして手先を使いますし、配色を自分で決めるのも重要です。

ただ、こちらの子は自営業の家庭なら小さい頃から結構専門的な仕事もするので、その専門においては器用であったりスキルを持っている事もあります。

名前を外国語で書くプログラムは、こちらが聞き取ってあげて、母国語でまずスケッチブックに書いてあげました。それを子供達が好きな色で真似ます。見たものを真似る、というのも幼児の脳には良い刺激です。また子供達は文字の形に慣れてくると、一文字一文字色を変えたりなど「色」で遊び始めました。

自然の中で生活する姿は健康的にも見えますが、毎日同じ事の繰り返しよりは、遊びの中で工夫したり考える機会がある、という事はとても大切だと思います。

village04.JPG
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

Blue Bird Education Cambodiaさんの画像
https://blog.canpan.info/fosterchildren/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fosterchildren/index2_0.xml